WIN5

8月13日のWIN5は、やや難解なレースやコースがそろっています。 WIN1のエルムSは前走の内容を素直に評価したい一戦。別表で指摘したとおり、12年以降に好走した馬の大半は前走の着順が4着以内でした。また、前走が国内のレースだった馬に限ると、4角を6番手以下で通過した馬は12年以降〈0 1 0 27〉、前走の馬…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「「中京記念」の好走馬は苦戦」

今週末8月6日の2重賞は、どちらもイメージ以上にしぼり込みやすい印象です。 WIN2の小倉記念は基本的に実績馬が強いレース。14年以降の3着以内馬9頭は、いずれも年明け以降にJRAの重賞かオープン特別で5着以内となった経験がありました。 また、同じく14年以降は4歳以下の馬が〈2 2 0 5〉と堅実。一方、馬齢が5…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「「小倉記念」はベルーフを信頼!」

新潟のWIN5対象レースにおける騎手別勝利数(17年1回新潟終了時点)を見ると、1〜4位は柴田善臣騎手、田辺裕信騎手、大野拓弥騎手、石橋脩騎手の順。そして田中勝春騎手と戸崎圭太騎手が5位タイにつけています。もっとも、このうち15年以降に優勝例があるのは石橋騎手、田辺騎手、戸崎騎手の3名だけ。しかも、田辺騎…»続きを読む

ローカルで絶好調石橋騎手を狙え!

今週から1回札幌、2回小倉、2回新潟が一斉にスタートします。また、今週以降の夏季競馬期間中は「SUMMER WIN5」が実施され、各場のメインレースと札幌、新潟の最終レースがWIN5の対象となります。小倉の最終レースは対象外なのでご注意ください。 7月30日のWIN1はクイーンS。10年以降の傾向を見ると…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「アイビスはアクティブミノル1頭」

札幌のWIN5対象レースにおける騎手別の通算勝利数を見ると、複数回の優勝経験があるジョッキーは6名だけ。3勝以上をマークしているのは池添謙一騎手(6勝)と四位洋文騎手(4勝)の2名だけです。 注目はやはり池添騎手。騎乗機会がなかった13年を除く全ての年で札幌のWIN5対象レースを勝っていますし、勝率30.0…»続きを読む

〝札幌適性〟の高い池添騎手に注目!

今週末7月23日の2重賞は、それぞれ難解なイメージを持っている方が多いのではないかと思います。 WIN3の函館2歳Sはデビュー戦の勝ちっぷりがポイント。現在の施行時期に移った12年以降は、地方所属馬を含むキャリア2戦以上の馬が複勝率6.9%、優勝例なしと苦戦していました。 また、JRA、かつ芝、かつ4角を3番手…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「中京記念は「実績馬」を重視する!」

7月9日のプロキオンSを制したのは藤岡佑介騎手とキングズガードのコンビ。単勝5番人気でしたが、4角12番手から豪快に差し切りました。 藤岡佑騎手は6月11日にもマキシマムドパリでマーメイドSを制しています。13年1月27日の根岸Sをメイショウマシュウで制して以来、4年半近く重賞を勝てていませんでしたが、この夏は…»続きを読む

今夏は序盤から好調 藤岡佑騎手をマーク

今週末のWIN5対象レースは、重賞こそWIN3の函館記念だけですが、残る4鞍も毎年この時期にほぼ同条件で施行されてきた特別競走。オープンクラスの3鞍は特にわかりやすい傾向があります。 WIN3の函館記念は前走好走馬を重視したい一戦。10年以降に限ると、前走の着順が7着以下、かつ馬齢が5歳以上だった馬は…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「シアトルとルミナスを高評価!」

7月2日のCBC賞を制したのは北村友一騎手とシャイニングレイのコンビ。この馬にとっては初めての1200メートル戦、しかも4角15番手という難しい位置取りでしたが、先行勢をゴール直前で差し切りました。 北村友騎手は6月18日にも函館SSをジューヌエコールとのコンビで勝っています。17年のWIN5対象レースにおける勝率…»続きを読む

ローカルが得意な北村友騎手に注目

今週末7月9日の2重賞は、好走馬の傾向に合わない馬が人気を集めそうです。 WIN4のプロキオンSは年明け以降の戦績がポイント。13年以降の連対馬は同年にJRAの重賞かオープン特別で3着以内となった経験がある馬ばかりでした。 また、同じく13年以降に限ると、前走2着以下、かつ前走の1位入線馬とのタイム差が0.5秒…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「福島実績あるゼーヴィント本命」