横須賀の店舗

横須賀エリアのタウン情報横須賀エリアのタウン情報

かつてペリーが来航した三浦半島に位置し、東京湾と相模湾に面する横須賀。東京湾側は軍港や商港となっており、陸地には工業地帯と住宅地が、相模湾側は漁業が行われ、陸に上がると自然が豊富なことから農業が行われるという、バランスのとれた土地である。
長浦港には、海上自衛隊の横須賀基地と在日アメリカ海軍の基地である横須賀海軍施設が隣接している。米軍基地は年4回「日米親善ベース歴史ツアー」、毎年夏に「ネイビーフレンドシップデー」として一般公開されている。
街の中心から全長300mほど伸びる「どぶ板通り」は横須賀の代名詞的商店街。150軒ほどの店が軒を連ね、賑わいを見せている。
戦後、米兵がよく訪れたことからアメリカ文化が色濃く残る。スカジャン発祥の地としても有名で、スカジャン専門店が多数あるのは「どぶ板通り」ならではだ。
「どぶ板通り」が昔からの馴染み深い場所ならば、近年商業施設として定着しているのが、横須賀中央駅前にある大型総合ショッピングゾーン「横須賀モアーズシティ」だ。地下1階から9階まで大小様々なテナントが合計160店舗も入り、地元民の生活を支えている。
文化的な側面も持ち、観音崎公園内にあり、挑戦的な展示で常に客を楽しませている「横須賀美術館」や、オペラやオーケストラ、バレエなどを上演する「横須賀芸術劇場」などがある。
風俗はデリヘルが主だ。きっと横須賀の風土で培われたアメリカナイズされた肉食娘がサービスしてくれるに違いない。