久喜の店舗

久喜エリアのタウン情報久喜エリアのタウン情報

東北自動車道の久喜インターチェンジがあることで知られる久喜は、埼玉県東部に位置する街である。電車はJR宇都宮線、東武伊勢崎線と日光線が乗り入れ、都内にも栃木や群馬にもアクセスしやすい位置にある。
2003年に久喜市、鷲宮町が合併、さらに2007年には菖蒲町と白岡町も加わり、最終的に2009年に1市3町の合併で新たな久喜市が誕生した。以降再開発の動きが盛んで、大型商業施設が続々オープン。シネマコンプレックスや約250の店舗が入る「モラージュ菖蒲」、大型書店や家電量販店が出店する「フォレオ菖蒲」、そして「アリオ鷲宮」がある。
市内にある「鷲宮神社」が人気アニメ「らき☆すた」のモデルで、ファンが「聖地巡礼」と称してひっきりなしに訪れるようになったことで、アニメを用いた町おこしをした先駆けとしても有名。市をあげてオリジナルグッズ制作、出演声優陣が出演するイベントを開催し、さらに登場人物の柊一家が旧鷲宮町に住民登録された。毎年9月に行われる祭では、「らき☆すた神輿」が担がれるように。また、ファンが絵馬に萌え絵を描いて奉納したり、コスプレ姿で訪れる様子がマスコミで報道されると人が人を呼び、2009年には初詣の参拝客が県内2位の42万人に達し、市内の経済効果も抜群だった。
久喜の風俗はデリヘルが中心となっており、主に人妻が所属。風俗で初めて働くような素人っぽさがウリの人妻ばかりだと評判だ。