熊谷・行田の店舗

熊谷・行田エリアのタウン情報熊谷・行田エリアのタウン情報

2007年8月16日には、気温40.9度を記録したことで「日本一暑い町」として多くのメディアで取り上げられ知名度を上げた熊谷。都内から流れるヒートアイランド現象により作られた熱風と、秩父山地からの熱風が熊谷上空で交差するため、このような猛暑になるという。熊谷はこれを町おこしの一環とし、「あついぞ! 熊谷 熊谷新時代まちづくり事業」として、ゆるキャラを作成したりモニュメントを建てるなどした。毎年、同様に猛暑を記録する群馬県館林市や岐阜県多治見市と熾烈な争いを繰り広げていたが、2013年8月12日に高知県四万十市が41度を記録、落胆する市民が続出した。
埼玉県最北部に位置し、自然豊かな土地であることからか、「水道水がおいしい都市32」のうちのひとつとされている。
駅周辺は繁華街となっており、駅直結のシネマコンプレックス「シネティアラ21」や「アズ熊谷」、「ティアラ21」などがある。
毎年7月に行われる「熊谷うちわ祭」は「関東一の祇園」と称され、県内外からも多くの客を呼んでいる。
お隣の行田には「忍城」がある。小説・映画「のぼうの城」でも知られ、歴史ファンのみならず多くの観光客が城目当てに訪れている。
また、近年のB級グルメ人気にあやかり、名物「ゼリーフライ」の名が浸透。おからとジャガイモを混ぜたものをコロッケのように揚げる食べ物で、おからコロッケと言ってもいいだろう。
風俗はデリヘルが中心となっている。人妻や韓国系が充実、埼玉県北部の下半身を支えている。