男をたぎらせる女たちの熱く美しい戦い「AVオープン2017」が始まる!

AV女優

男をたぎらせる女たちの熱く美しい戦い「AVオープン2017」が始まる!

また今年も、セクシー美女たちの熱い夏が始まる。
男たちを、時にはたぎらせ、時には感動させるAVの祭典「AVオープン2017」が今年も開催。7月12日に賑々しく開会式が開かれるのだ。
DVD、配信、レンタルでの売り上げの合計金額で競うグランプリのほか、女優部門、企画部門をはじめとした10の部門賞。さらに今年からファン投票にベストパッケージ賞を新設。また、最先端のVR動画作品も「VR‐1グランプリ」として競うなど、さらに大きな大会となった「AVオープン」。エントリー数も90作品と、股間の休むヒマがないほど多くのAVが参加予定となっている。
開催に先駆けて、今回イメージガールを務める白石茉莉奈、高橋しょう子、橋本ありなにインタビューを行った。

白石茉莉奈

デビューから5年目に突入。数々の賞も受賞し、現在はセクシーアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」第二世代のメンバーとしても活躍中の白石だが、今回のイメージガール抜擢には喜びもひとしおだ。
「AVオープンは業界最大のイベントですからね。イメージガールとして、こうして直接、密に関われることはとてもうれしいですし、とても光栄に思います。一生懸命盛り上げていきたいですね」(白石)

高橋しょう子

昨年5月にデビューして「AVオープン2016」に登場。7冠という偉業を達成した高橋しょう子も、このイベントに対する思いは強い。
「去年は右も左もわからない状態でしたが、この大会を通じていろいろな女優さんに会えましたし、イメージガールの3人(星美りか、市川まさみ、三上悠亜)にもすごく支えていただきました。今回は私が、不安になっている女優さんや、どうしても賞を取りたいって頑張っている女優さんを応援したいです」(高橋)

橋本ありな

あどけない笑顔と、スラリと伸びた美脚でファンの心もアソコも虜にしている橋本ありなも、イメージガール抜擢に驚きを隠さない。
「AVを始めてまだ1年と少しで、まだ何もわからず毎日一生懸命、必死でやっているんです。ですので、白石さんも高橋さんもご活躍されてて、私がまさかここで3人のうちの1人に選ばれるとは思ってもみませんでした。本当にプレッシャーがあるんですけど、頑張って応援していきたいです」(橋本)

「VR‐1グランプリ」作品は8月1日、そのほかの全作品は9月1日に発売となる。
この夏、続々とリリースされるエントリー作品同様、彼女たちのイメージガールとしての奮闘ぶりにも注目だ。

関連商品