風活レポ(14ページ)

 これまで、4回にわたって「風俗に行かない若者」に向けて、風俗は決して高い遊びでなく、いかに男子の人生にとって有用なものかを解説してきた。今回は、若者たちよりも風俗経験が豊富であろう40代以上の男性に提言したい。「若者を風俗へ導こう!」と。 職場の中軸となって、あるいは役職を背負って日々働く中高年。若かりしころはバブルの恩恵もあり、先輩に風俗をおごってもらったこともあるだろう。そこでの経験や自信が、…»続きを読む

オヤジ世代よ、若者を風俗へ連れて行こう!

 茨城県の歓楽街・土浦も、心躍る風俗店が数多くある都市だ。今回はそのなかの1軒「土浦人妻浮気現場」を紹介しよう。  特筆…»続きを読む

土浦人妻浮気現場

 飲み屋さんにおける不文律は「野球と政治の話をすることなかれ」。気心知れた相手と話していても、ほかのお客などあらぬ角度…»続きを読む

風俗トークで場に華を咲かせる男となれ


 サラリーマンの仕事は、何もパソコンでカリカリ打つことだけではない。時には都会へ、または地方へ出張で出向くこともあるだ…»続きを読む

働く男こそ風俗へ行こう!

 定時に出勤、定時に退社。職場の仲間や営業先との“飲みニケーション”も断って真っ直ぐ帰宅。風俗なんて行ったこともない。 …»続きを読む

風俗でコミュニケーション能力UP!?

 なんちゃってのマッサージを受けた挙句に、お触りもできずに手コキでフィニッシュ‥‥。そんな男性の不満を見事に解消してくれ…»続きを読む

赤坂「さくら」

「今どきの若者は‥‥」 と、古代ギリシャの哲学者ソクラテスも嘆いていたというから、いつの時代も若者は上の世代から歯がゆい…»続きを読む

風俗は高い遊びじゃない!

 埼玉県は東松山で、通常のデリヘルサービスのほかにソフトM性感プレイを打ち出しているお店が「Lohasの国のアリス」だ。  …»続きを読む

埼玉「Lohasの国のアリス」