女性1000人が選んだ「理想の長さと太さ」(3)“小ぶり”こそが理想のタイプ

AV女優

女性1000人が選んだ「理想の長さと太さ」(3)“小ぶり”こそが理想のタイプ

2013/09/18

女性1000人が選んだ「理想の長さと太さ」(3)“小ぶり”こそが理想のタイプ

 アンケートによって導き出されたサイズは、医学的にも説明できるという。

 中村医師が解説する。

「日本人男性のペニスの平均的な長さは、勃起していない状態で恥骨から先端までがおよそ120~130ミリ。勃起すると当然少しは長くなるでしょうから、コンドームの平均的な長さが170ミリというのは幅広くフィットする無難な数値です。太さの平均値は30ミリ程度と言われていますから、コンドームの直径が36ミリというのもうなずけます」

 つまり、女性の求めるサイズは日本人の平均にかなり近いことがわかるのだ。前出の志賀医師は、体積を使って裏付けをする。

「亀頭の半径×亀頭の半径×円周率(=3.14)×恥骨から亀頭の先までの高さを計算して、体積が140cc以上あれば、女性を十分に満足させられます。これはやや小ぶりな大きさで、通常160cc程度はあるはずです。体積が足りているか不安な人は一度、メジャーで計ってみてください」

 女性が理想としたサイズを計算すると約135ccとなり、志賀氏の言う「満足サイズ」より一回り小ぶりなサイズこそ「ジャストだ」ということになるのだ。

 だが、セックスで女性を満足させる要素はペニスの長さや太さだけではない。

「男性器の角度を重視する女性もいます。弓なりに反っている、右や左に曲がっているなどといった角度により膣内のどこがこすられ気持ちよくなるかが変わるからです」(前出・中村医師)

 他に女性が重視しているのはタイミングだと語るのは、前出の渡辺氏だ。

「女性が挿入してほしい時に勃起していないと愛液が乾いてしまいますし、イッてほしいのにピストンをされ続けると、こすれて膣内が痛くなります。だから、入れてほしい時に入れてもらえて、射精してほしい瞬間に精液を放出する、タイミングがいいペニスが悦ばれるのです」

 女性が自分とタイミングの合う、理想の形状を伴ったペニスを求めるのと同様に、男性も自分にピタッと合う名器に巡り会いたいのが本音。だが、前出の志賀医師はみずからの経験をもとにこんな警鐘を鳴らす。

「以前、知人に性の相性がピタリと一致しているご夫婦がいました。夫は『妻の体は最高だから、浮気する気はまったくない。妻さえいれば満足だ』と宣言し、妻が生理中でもかまわず毎晩、必ず一度はシテいたそうです。毎晩求められることに妻側はしだいに苦痛を覚えて、ついに40代という若さで亡くなりました。毎晩のセックスが原因で死亡したとは断定できませんがセックスしすぎは禁物。ほどほどに抑えましょう」

 もしかして小さいのではと思っていたモノが実は「名刀」であることは明らかになった。今日から胸を張って夜の営みに向かおう!