人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆旅行先で楽しむポイント♪

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆旅行先で楽しむポイント♪

2013/10/15

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆旅行先で楽しむポイント♪

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のさまざまな情景から感じるシリーズ☆

 秋祭りの季節、近所から太鼓の音やおみこしを引く声がしてきます。神社には金魚すくいをしている子供。「よおし、私もすくっちゃお」と腕まくりした瞬間、とある(エロい)情景が電撃的に頭に浮かんでしまいました。何でこんな時に、あんなことを思い出してしまうの、バカバカ。‥‥というわけで今週は「露天風呂セックスのカタチ」。思い出した情景とは──最後までじっくりおつきあいください(笑)。

 だいぶ昔に温泉に行った時、露天風呂付きのお部屋だったんです。あの2人きりで入る露天風呂の、少し青姦ちっくな風情、何とも言えないじゃないですか。やるの? やらないの? やるの、ここで? といったモヤモヤ感、お互い様だと思うんですが、先走る妄想が股間にじんじん響き渡るわけですね。

 もしも、川上ゆうと一緒に露天風呂に入った場合、私は先に湯船に入っちゃいます。そして奥側のへりに腕を置いて顎を乗せて、ちょっとうつ伏せかげんの体勢になる。外を見ながら、あなたには背中を向けているの。でも心の中では「来いっ、来いっ!!」と相手を挑発するボクサーのように叫んでいるのです。もしもこういう状況になったら、行って(=襲いかかって)くださいね。ゆうが振り返るとチュ☆ なんてしてくれて。もうとろけちゃう。たっぷりベロチューして、おっぱいを触りだしたら湯船の外に出て。お●んちんを舐めてあげるから、お返しに舐めてほしい。

 声を我慢しないと誰かに聞かれちゃう。体は開放的なのに、声は出せない。こういう状況に女は弱い。露天風呂ならではの味わいです。そしてまたいちゃいちゃして、勃っているのを感じて、後ろから少し入れる。う、ぅん☆ となったら、本気になっちゃう前に抜き、お部屋に入る。これがオトナの露天風呂!

 だって「いやん激しい」と続けてしまうと、あなたも「出ちゃう」となって、万が一‥‥湯船の中に出してしまったら大変。精子は白く固まってお湯の中でふわーんとなっちゃいますから。一度、それを慌ててすくったことがあるんです。もう10年以上も前の話で時効にしていただきたいんですが‥‥。そのすくう動きや気持ちが、金魚すくいにそっくり! 「1億匹の精子を捕まえてる!」みたいなことですし。焦ったなあ。稚魚放流は‥‥恥ずかしい思い出です。

 そんな反省からも、後ろからちょっと入れて抜いたら、体を拭いて、浴衣を着て、部屋に入って、ビールの栓を空けるの。1回挿入してるのに、あえてビールを挟む。これがオトナの性交というものですね。あーん、金魚をすくってる場合じゃない(笑)、温泉行きたくなっちゃった☆

◆プロフィール 川上ゆう(かわかみ・ゆう)150センチ、B85(Dカップ)・W59・H86 熟女女優として、もはや外せない大人気若熟女。とんでもないエロさを秘めた31歳。写真集「艶ぱら」(竹書房)大好評発売中。詳細は公式ブログにて。


関連商品