[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ハープスターの破壊力は怪物級」

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ハープスターの破壊力は怪物級」

2013/12/05

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ハープスターの破壊力は怪物級」

 ファンタジーSを快勝して2歳牝馬のトップクラスの力量を証明したベルカント(栗東・角田厩舎)が、早々に朝日杯フューチュリティS参戦を表明。表向きは「ダッシュ力を生かすという意味では阪神コースより中山コース向きと思う」と言う角田調教師だが、本音を探れば「今年は現時点で牡馬より牝馬に強いのがそろっている」ということではないか。

 そして、その粒ぞろいの中でも1頭抜けていると見られているのがハープスター。新潟2歳Sで見せた4コーナー18番手からの直線一気の豪脚を思い起こせば、誰だって震え上がる。差し切っただけでなく、2着以下を3馬身引き離してしまったのだから破壊力はすでに怪物級だ。

 3戦3勝のホウライアキコでさえハープスターには当然一目置いており、角田調教師の朝日杯挑戦表明の報を聞いて、「しまった。俺もそれを考えていたんだよ」と、真面目な顔で先を越されたと悔しがっていたのが南井調教師だった。いずれクラシックで戦わなくてはいけないのがハープスターという難敵だが、できるだけ対戦を先延ばしにしたいと考えるのも当然の心理なのかもしれない。

 マーブルカテドラルは、アルテミスSを3コーナー付近で鞍が前方にズレてしまうという不利をはね返して快勝した。そのタイプの鞍ズレはブレーキが壊れてしまった状態なのだそうで、田辺騎手ならではの思い切りのいい騎乗も当然ほめられるが、それ以上に馬の能力の高さにも驚かなくてはならない。距離の壁はありそうだが、相当に強い牝馬であると言える。

 しかし、この馬があの新潟2歳Sではハープスターに次元の違う脚を見せつけられている。どんな物差しを持って来ようとも、ハープスターの中心は揺るがないところだ。

 札幌2歳Sの覇者レッドリヴェールは、仕上がり早の小柄な牝馬とはいえ、乗り込み量においてハープスターに大きく見劣るのがどうか。ルメール騎乗は魅力だが連下までか。

 クリスマスもすばらしいスピードを持っている馬だが、アルテミスSの負け方が完全に距離の壁を感じさせる内容。この距離2戦目で若干の上積みはあるだろうが、ハープスターの域には届かない。

 穴ならマジックタイム。出遅れ癖もあって、ちょっとずつしか勝てないが、その末脚は確実。ハープスターがホウライアキコらの先行勢を根こそぎやっつける展開なら、こういうタイプが一緒に来る。