[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「デュランダル産駒の2頭に注目」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「デュランダル産駒の2頭に注目」

2013/12/12

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「デュランダル産駒の2頭に注目」

 競馬発祥の地はイギリスですが、実は現在の世界で主流血統のほとんどは、アメリカ発の血統です。つまり、イギリス競馬よりもアメリカ競馬のほうが種牡馬選別には優れていた、と書くのは決して暴論ではありません。

 そして、今の日本では主流血統、リーディング上位の血統はほとんどがダービーが行われる東京芝のGIで結果を残している馬ばかりです。一方、中山競馬場は、種牡馬選別のための競馬場としてはローカルな存在と言えるでしょう。

 ただし、朝日杯FSに適した種牡馬は、東京競馬場のチャンピオンだった馬とは限りません。なんて、回りくどいことを書く必要はありませんね。単純に中山芝のチャンピオン種牡馬に相性のよいレースなのですから。

 中山芝1600メートルは、ダイワメジャーと母父サンデーサイレンスの成績が優秀なコースです。ダイワメジャーは現役時代に中山のGI皐月賞を勝利。2000メートルを越える距離ではパフォーマンスを落とすスピード型種牡馬でしたが、例外的に中山芝2500メートルで行われる有馬記念だけは馬券になれた中山巧者(2年連続3着)。

 母父サンデーサイレンスが優秀なのは、父が必然的に非サンデー系になるから。つまり日本競馬の本流である、リーディング上位のサンデー系よりも、父は非サンデー系のほうが当コースには適しているのです。もちろんこれは、中山芝マイルが独特の才能を要求されるからです。

 今年の朝日杯FSでは、デュランダル産駒に注目しています。デュランダルは現役時代に中山GIスプリンターズSを鬼脚で制した馬。父と母父は当コースの鬼ダイワメジャーと同じです。

 プレイアンドリアルは母父も中山の鬼ティンバーカントリー。産駒が日本の芝GIを制した唯一のコースが中山芝1600メートル(当レースなんですが)。

 ツィンクルソードの兄は名馬ペールギュント。同馬は当レースで1人気に支持されるも3着。父がデュランダルの分、兄よりも中山マイル適性は高い可能性も秘めます。

◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ) テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HP公開中。推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。近著「血統ビーム黄金ガイド」(ガイドワークス)が好評発売中。