[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「夏の馬房の前は扇風機だらけ」

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「夏の馬房の前は扇風機だらけ」

2014/08/01

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「夏の馬房の前は扇風機だらけ」

先日、函館競馬最終週を飾るイベントとして、スペシャルウィークとグラスワンダーが来場。2頭の雄姿を見ようと2400人ものファンの方がパドックへと詰めかけ、入場から退場までシャッター音が鳴りやまない状況でした。

2頭といえば、99年の有馬記念。名勝負中の名勝負で、勝利したと思いウイニングランまでしたスペシャルウィークの武豊騎手は「競馬に勝って勝負に負けた」と名言を残されたほどですが、2度の戦いで2度敗れたスペシャルウィークは、この日の前日にグラスワンダーの姿を見るなり怒って威嚇。その姿に関係者は「やっぱり覚えているんだね」と。しかも当時のことがトラウマとなっているのか(?)、ふだんからグラスワンダーの毛並みと一緒の栗毛の馬が大嫌いなのだそう。

そして一方のグラスワンダーはといいますと、入場するなり“5本目の脚”を披露しての周回。あまりの元気のよさに私の細い目も開いてしまい、「ジュンコ、うらやましそうに見ていたな‥‥。旦那、草食っぽいもんな」と、主人と同級生のI調教師。

「家では草だけでなく肉も食べさせているのですが、今では草食を通り越して周囲からは植物っぽいとまで言われて‥‥。確かに最近の私の旦那に対する会話ナンバーワンは、『いたの?』です」と、切実な胸の内を披露してしまいました。

ちなみにグラスワンダーの今年の種付けは66頭。私は今後、その回数なくして生涯を閉じるのだろうな~。グラスワンダーの爪の垢を煎じて主人に飲ませたい‥‥ナンチッテ。

それでは皆さん、週末は「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)、もしくは競馬場でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。