[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「”音無調教師”が06年を再現する」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「”音無調教師”が06年を再現する」

2015/03/26

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「”音無調教師”が06年を再現する」

一昔前の高松宮記念は、サンデーサイレンス産駒、それも「今回が初の芝1200メートル」に出走する馬を買えば、それこそ車の1台くらいは軽々儲かるレースでした。

06年の当レース。芝1200メートル初出走のサンデーサイレンス産駒はオレハマッテルゼ1頭のみ。単勝930円で優勝。そして翌年、芝1200メートル初出走のサンデーサイレンス産駒は、スズカフェニックスとペールギュントの2頭のみ。レースはその2頭が1、2着。馬連は400倍の大万馬券でした。

結果論と言われないために書き足しておきますが、当時HPの最終予想で本命に選んだのは、06年が勝ち馬のオレハマッテルゼ。07年は人気で2着のペールギュントが本命。対抗は勝ち馬のスズカフェニックスでした。

なんて、サンデー直子のいなくなった今の時代に、一昔前の思い出話を取り上げたのは、この馬券術は今の時代にも応用できると思うからです。

ここまで書けば、血統中級者以上の方はおわかりですね。サンデーサイレンスのスーパー後継種牡馬、ディープインパクトで「芝1200メートル初出走の馬」が、今の高松宮記念では強烈な馬券術になる─ハズです。

ミッキーアイルの父はディープインパクト。今回が芝1200メートル初出走。管理するのは音無調教師。06年の高松宮記念でオレハマッテルゼを芝1200メートル初出走で優勝に導いた調教師です。

当時の音無調教師も、前哨戦の阪急杯のレース前から高松宮記念への参戦を表明していましたが、ミッキーアイルも阪急杯の前から高松宮記念への参戦を表明。オレハマッテルゼと同様、1200メートルで差し脚を発揮することを見据えたトレーニングを行っているようです。

当コラムでも何度も書いていますが、料理で例えるならば、血統は素材で、調教師は調理師。音無調理師、じゃなくて調教師は、クラシック血統のサンデー産駒をスプリントGIで勝たせる腕は三つ星です。

....というようなコラムを、実はどこかの雑誌で書いたことを思い出しました。昨年の高松宮記念が芝1200メートル初出走だったディープ産駒のレッドオーヴァルをどこかでは推奨した気もするのですが、結局、最終予想は8人気で2着のスノードラゴンを本命にしました。理由はドボドボの不良馬場でディープの末脚が不発になると読んだから。普通の天気ならば、今年こそは昨年封印した戦法を使うつもりです。最終予想が気になる方はHPで。