男たちが問わず語りする オレの極楽昇天SEX 「帰省シーズン到来で同級生の「おんな武勇伝」炸裂!」vol.1 「楽しんでセックスしたいの」

夜ネタ

男たちが問わず語りする オレの極楽昇天SEX 「帰省シーズン到来で同級生の「おんな武勇伝」炸裂!」vol.1 「楽しんでセックスしたいの」

2015/08/10

男たちが問わず語りする オレの極楽昇天SEX 「帰省シーズン到来で同級生の「おんな武勇伝」炸裂!」vol.1 「楽しんでセックスしたいの」

最高のオンナと極楽昇天ファック! 男なら誰しも、死ぬほど気持ちいい「おんな武勇伝」を1度や2度は経験しているハズ。帰省シーズンの里帰り先などで、男たちが思わず同級生に問わず語りした“虎の子桃源郷セックス”を一挙公開しよう


ケース(1)
会社帰りに新人OLと共用便所で‥‥(製造業・和己さん・40歳)

最初に新人社員のマリちゃんと関係を持ったのは、去年、部署合同の暑気払い飲み会の時だった。別の部署だったからそれまで親しくなかったけど、向こうのほうから積極的にアプローチしてきたんだよね。10歳以上も年下だから妻帯者の俺にも春が来たと、さっそく飲み会の帰りにホテルに誘い出したってわけ。マリちゃんというのは本名ではなく、歩くとまりみたいにポヨポヨと弾むところから付いたあだ名で、顔は三の線だけど、出るとこ出たムッチリ体形がそそるんだ。

いざベッドインしてみると、中がギュギュッと締まりがいい。よくデブは締まりが悪いなんて言うけどあれはウソだよ。オンナの名器は肉厚で決まるね。情けないことに入って5秒で爆発しちゃったよ(笑)。

以来、マリちゃんのトリコになったのは俺のほう。朝が早い会社だから残業なしの日には5時前には帰社できる。「残なし」とメールを入れたら、会社最寄りの駅ビル最上階で密会するんだ。濡れやすいマリちゃんとは速攻セックスが楽しめた。人目につかない共用トイレの中で即ハメ。見られるのが好きじゃないマリちゃんだけど洗面台に手をついた立ちバックが好きだった。結局、嫁バレで別れたけど、3カ月間は毎日動物みたいに本能の赴くままヤリまくってた。あんなに夢中でハメたのは人生でも最初で最後だね。


ケース(2)
フルート奏者の「歌うフェラ」(飲食店経営・剛祐さん・45歳)

出会い系で出会えるオンナは1にカネ、2にカネ、34がなくて5にカネだろ。といっても、オンナだってちゃんと理由があれば、セックスしたいと思っているわけだ。これは間違いないね。でも、あの三十路の音楽家はワケが違ったよ。何しろ、最初から「楽しんでセックスしたいの」と来たからブッ飛んでた。

池袋駅前の待ち合わせ場所に現れたノリコさんは、手足がスラッと長い、切れ長の目がセクシーな山口もえタイプ。自称30代半ばだったけど、見た目は20代にしか見えなかった。シックなワンピースを着こなしてるから、シティホテルでも取らなきゃダメかと思ってたら、意外にも、2人きりになれればどこでもいいって。遠慮なく、北口のラブホ街にシケ込んだわけ。

部屋で服を脱ぐと、その下には網タイツにレースのガーターベルトまでつけたフル装備だよ。こっちの気分もグングン上昇。いきなりギンギンになった如意棒をブリーフ越しにノリコさんの顔に押しつけちゃったんだ。でも、あうんの呼吸で彼女は俺のグンゼを脱がすと、
「ねぇ歌ってもいい」
なんてささやいて、いきなりパクッと飲み込んだ。まるでアイスキャンディをくわえるように鼻歌を歌ってフェラを続けるから、ピチピチ跳ねる舌先と、ノドから伝わるビブラートがえも言われぬ心地よさだったね。聞けば本業はフルート奏者で、くわえながら歌うのはリズム感がよくなるからなんだってさ。その時はあまり本気にしてなかったけど、一度正常位からハメたあとに、もう一度フェラをお願いしちゃったよ。

彼女とはそれっきりだけど、その後ふと目にしたコンサートのチラシに彼女と同じ名前が書いてあった。あんなコにくわえさせたんだと思ったら、またおっ勃っちゃったよな。