たかしょーのイっちゃって! 連載34 今週のテーマ「セックスは5山で」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載34 今週のテーマ「セックスは5山で」

2017/09/14

たかしょーのイっちゃって! 連載34 今週のテーマ「セックスは5山で」

朝晩が涼しくなり秋を感じる季節になってきましたね。皆様、秋といえば何を思い浮かべますか? 食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋‥‥たくさんありますがやっぱり私は秋といえばセックスです! まぁ私の場合、オールシーズンセックス派ですけどね(笑)。

先日、女友達とこんなお話をしていました。「秋の行楽シーズンに1日お休みが取れたら何をしたいか?」って。私は「エッチ!」と即答しちゃいました(笑)。

そこから話が「24時間あったら、何回シタいか」という下ネタに発展したワケですが‥‥。

まず先に私のセックス観をお伝えしますと、私にとってセックスは〝登山〟みたいな感じでして。

一度のセックスが〝一山〟で、フィニッシュが〝頂上〟なんです。「登山の間にちょこちょこお水を飲む休憩時間があって、頂上に登ったら崖から飛び降りる勢いで一気に下山する」ってイメージ。基本的に〝一山〟にそれほど時間はかけず、短時間で〝登頂と下山〟を何度も繰り返すのが好きなんです。前戯や挿入に長く時間をかけると、お互いにダレそうだし、男性が興奮してないのに私を「興奮させてあげよう」というシチュエーションも生まれやすくなるでしょ。そうなると私は逆に「申し訳ないな」って気持ちになっちゃうんです。

そんな理由で、24時間使えるなら、登りたい山はできれば五山‼ 多いですかね。でも〝一山〟を越えるたびに睡眠時間も取るし、私が回復のお手伝いもしますし、一山ごとにセックスにバリエーションを持たせたら、越えられない山ではないと思うんですよね~。ちゃんと五山クリアするまでのプランもあるので皆さんよ〜く聞いて、そして想像してみてください(笑)。

まず一つ目の山は、お互いに興奮してるから特にテクを駆使しなくてもフィニッシュを迎えられるはず。時間も短く、30分程度で登り切れる小高い丘ぐらい。

二山目は、最初の倍ぐらいの勢いをつけます。山に例えるなら高尾山(笑)。希望としては、私が何度でもイケる寝バックをしてほしいな。男性にとって、それほどハードルが高い体位でもないと思うので、これも難なくいけるでしょ~?

そして三山目がパイズリを駆使しての登頂。寝バックで何度もイカせてもらったお礼をします。

四山目はお互い、本能のままに貪り合うのが理想です。ただ、雰囲気に慣れてしまう気がするので、AVみたいな過激な体位を組み込むといいかもしれません。勢いとしては富士山クラスを狙います(笑)。

そしてラストの山はかなり高いですよ~。それまでにさんざん体力を消耗しているはずですが、求める勢いはエベレスト並みです(笑)。ラストだからこそゆ~っくりと時間をかけて、全ての技術を出し切って、頂上に登り詰めるんです。

以上、コレが私の〝五山プラン〟ですが、男性には一山ごとに射精してもらいたいな~。男性は射精がフィニッシュじゃないですか。私も男性がイク瞬間がフィニッシュなので、相手が不発に終わると、私自身も不発で終了するんです。

‥‥という妄想を女友達に話したら「私が男だったら、しょう子の性欲の強さにはついていけない」とあきれられました(笑)。私自身も納得ですが、だからこそ、AV女優というお仕事は私の天職なんだと、あらためて思った夜でした♡


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
2012年にグラドルとしてデビュー。人気グラドルから16年5月にMUTEKIでAVデビューを果たすと、16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠を受賞。今年の「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」を受賞。最新写真集「Sho-Time」(徳間書店)が発売中。ツイッター@TS_takasho

撮影/ベイビー・U


関連商品