[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「神戸新聞杯はレイデオロでOK」

ギャンブル

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「神戸新聞杯はレイデオロでOK」

2017/09/21

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「神戸新聞杯はレイデオロでOK」

今週末9月24日はGⅡが2レース組まれています。

WIN4の神戸新聞杯はこれまでの戦績がポイント。10年以降の連対馬はいずれも中央場所、かつ500万下から上のクラス、かつ2000メートル以下のレースにおいて連対経験がある馬でした。

また、同年4月以降、かつJRA、かつ1600万下から上のクラスのレースにおいて、連対経験がある馬は10年以降〈7 4 3 9〉とかなり堅実。皐月賞以降の重賞で連対しているような実績馬が出走してきたら逆らえません。

一方、この経験がなかった馬のうち、同年7月以降、かつJRA、かつ1000万下から上のクラス、かつ2200メートル以下のレースで連対経験のない馬は10年以降〈0 1 1 62〉。実績が心もとないのに夏場休んだ馬、夏場に2200メートル超のレースばかり使ってきた馬は、期待を裏切りがちなので気をつけましょう。

これらの傾向から強調できるのはベストアプローチとレイデオロくらい。通常の式別ならベストアプローチもそれなりに楽しみですが、WIN5はレイデオロの1頭勝負を基本線にするべきだと思います。

WIN5のオールカマーは、フレッシュな馬に注目したい一戦。別表にもあるとおり、11年以降の連対馬はいずれも6歳以下、かつキャリア26戦以下でした。

また、前走との間隔が中5週以内だった馬は11年以降〈0 0 1 27〉、前走の出走頭数が14頭以下だった馬は11年以降〈0 0 4 34〉。少頭数や8月中旬以降のレースを経由してきた馬は信頼できません。

早くから出走を予定している馬のうち、これらの条件に合うのはアルバート、ステファノス、タンタアレグリア、ルージュバック。コース適性が高そうなスファノスとタンタアレグリアは、特に楽しみです。


◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや)「JRAホームページ」「グリーンチャンネル」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。新刊「コース別本当に儲かる血統大全2017-2018」(ガイドワークス)が好評発売中。