[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中山芝千二は先行馬がおいしい」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中山芝千二は先行馬がおいしい」

2017/09/21

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中山芝千二は先行馬がおいしい」

「軽い馬場の開幕週は先行有利」とは、よく言われる競馬格言の一つ。

ですが、今シーズンの中山の馬場では当てはまらない格言です。開幕初日に行われた紫苑Sは、3コーナー5番手以下の馬が上位独占。勝ち馬、3着馬は10番手以下から33秒台の上がりタイムを記録。翌日の重賞、京成杯オータムハンデも3コーナー7番手以下の差し馬が1〜3着。1、2着馬は33秒台の上がりタイムを記録しました。

14年末に馬場改修した新装中山は、従来の馬場と比べ、3コーナーからゴールまではスピードが出やすくなったため、差しやすい馬場に。そのことを騎手も意識するため、道中は今まで以上に脚をタメるレースが増えました。

ただし、この時期の中山の芝1200メートルに関してだけは、それなりの能力を持った先行馬が平均ペースで乗ってしまえば、残れてしまうのです。芝1200メートルは芝1600メートル以上のレースよりも道中の負荷が軽いため、先行してもスタミナを消耗しないからです。

加えて、多くの騎手は、芝1200メートルでも、芝1600メートル以上と同じようにラストでスピードを発揮するような乗り方をします。要は先行馬有利なペースになりやすいのです。

この性質を利用して、開幕日(9月9日)の中山最終レースでは、ホームページで公開した予想にて3連単11万7200円の万馬券を本線で的中させました。

9日の最終レースは、中山の芝1200メートル。先に書いたような理由で逃げ、先行馬、特に内枠の馬が圧倒的に有利になることが簡単に予想できました。実際、レースは逃げたネバーリグレット(3人気)が1着。2番手のウィズアットレース(8人気)が2着。1、2人気の2頭は差す競馬をしたために4、5着でした。「秋の中山芝は、芝1600メートル以上で差しが決まる状態だと、芝1200メートルは前が残りやすくなる」

この傾向を意識すれば、今後も中山芝1200メートルで高配当を狙って取れることでしょう。

さて、今週の中山芝重賞はオールカマー。ここは、末脚のスピード上位の人気馬ルージュバックに合いそうです。

中山重賞には過去2回出走して、いずれも人気よりも走っていませんが、33秒台の末脚を使えない馬場状態だったから。33秒台のスピードを出せる馬場なら、走りも変わるはずです。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。