ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.172 鶯谷・韓国デリヘル 釜山出身スレンダー美女「チェ・ジウ似23歳」と楽しむ裸の日韓交流!

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.172 鶯谷・韓国デリヘル 釜山出身スレンダー美女「チェ・ジウ似23歳」と楽しむ裸の日韓交流!

2017/10/05

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.172 鶯谷・韓国デリヘル 釜山出身スレンダー美女「チェ・ジウ似23歳」と楽しむ裸の日韓交流!

美少女系からセクシーなお姉さん系まで、魅力的な20~30代の女性が続々入店。大人の女性の優しさに包まれながら日々の疲れを癒やし、極上の快楽を体感できる話題の韓デリへと捜査に向かった!


「落ち着いた雰囲気で、初めての方から、スケベなお客様にもオススメできる女の子ですよ」

鶯谷・韓国デリヘル「恋の季節」(03-3847-2315/9時~翌3時/ 60分1万6000円~ ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと130分2万5000円の特別コースが楽しめる)のママさんから紹介されたのは、釜山出身のミレイさん。日本語が得意だという、スレンダーなお姉さんだ。

「はい、よろしく、お願いします」

チェ・ジウに似た顔だちをしている。

「そういえば、今、ペ・ヨンジュンは、韓国で何しているの?」
「結婚して、子供もいて、すごいお金持ち。日本のジャニーズみたいなエンターテインメントの会社やっている」
「チョー・ヨンピルは?」
「知らないけど、釜山港にはいないよ」

ミレイさんは、韓国でアパレルの販売員をしていて、自分のお店を持つために、今年日本に。一度韓国へ戻ったものの、この前日に再び来日した。

「やっぱり韓国、景気よくないから、日本で稼がないとダメね」

このお仕事をするのは、日本が初めて。初体験が19歳で、韓国での体験人数も2人だけなので、初めての時はとても怖かったのだという。

「日本人優しいから、慣れてきた。けど、いつも緊張している」
「日本人、チ○チン大きい人いるから、ビックリしたでしょう?」
「ビックリしたよ。彼氏のは普通だったから、口に入らないのなんて、初めて見た。そこは韓国、日本に勝てないね」
「韓国に彼氏、いるの?」
「いるけど、秘密にしてる。バレないよ、私、演技しているから。上手にしないから」

肝心の彼氏には、うまくやってあげない。このお仕事に就く女性の、日韓共通事項だ。

服を脱ぐと、白い大きめの下着で、ごく普通のお姉さんであることを実感させられる。ブラを外したミレイさんにカメラを向けると、てれ笑いを浮かべながら、色白のなまめかしいボディをあらわにする。

「私、裸の写真撮られるの初めてよ。これが、お兄さんの仕事?」
「はい、仕事です」
「女の子を裸にして、写真撮って、エッチなことをしてもらって、お金もらえるの?」
「おおむね、そのとおり」
「韓国に、そんな仕事、ないよ。アベノミクス、すごいね」

特にアベノミクスの恩恵は受けてないと思うが。

いくつかポーズを取ってもらって、最後に牝豹のポーズ、よつんばいになってもらう。

「これ恥ずかしい、灯り、消してよ」
「すぐ終わりますから‥‥ポジ(オ○ンコ)、案外きれいですね」
「何言ってるの?」
「辛い物を食べている割に、お尻の穴もきれいだし」
「どこ見てるの」
「ここにヂャジ(チ○コ)入れたこと、ないの?」
「ないよ、体壊すよ。私、変態、嫌い」

浴室に入って体を洗ってくれたあと、丁寧にチ○コの隅々まで磨き上げる。

「これ、大切なことね」
「お口に入れるものだからね」
「そう、そう」

ベッドに戻り、先に責めさせていただく。上になって、乳房をやんわり揉み込むと、すぐにうめき声が漏れだし、小さめの乳輪から、乳首が硬くとがりだした。さっそく口に含んで、舌で転がすなど、小豆のような弾力を楽しんだ。

「あ~っ、感じる‥‥日本人、こういうの、上手ね」
「韓国の男性って、あまり前戯しないんだよね」
「しない、すぐ入れたがるね」

そのまま下へと手を伸ばして、薄い陰毛に覆われたアソコをなで、指の腹で包皮に包まれていたクリを捉えると、ビクッと体を震わせた。

「あ~ん、気持ちいい‥‥お客さんとするの、久しぶりだから、何か感じちゃうよ」

太腿の間に入ると、緩んだ入り口がすでに潤んでいるのを確認。優しくなぞって地ならしをしたあと、中指を押し当てた。

「入れてもいい?」
「えっ、もう‥‥じゃ、ゆっくり、痛くしないでね」
「いくよ‥‥あっ、きつい‥‥力を抜いて、そう、入っていく‥‥全部入った」
「ゆっくり、ゆっくり動かして‥‥あっ、その感じが、気持ちいい‥‥」
「あっ、温かくてきついけど、スムーズだ‥‥」

攻守交代すると、丹念に乳首を舐めしゃぶったあと首筋から脚の付け根まで舌をはわせるミレイさん。こちらがみなぎりだすと、袋を舐め上げ、裏スジを舌でレロレロ刺激してくる。

「上手だね、これ、日本で習ったの?」
「そう」
「誰に?」
「ママさんに、レロレロしなさいって」

素人女性をプロに仕立て上げるのも、ママさんのお仕事なのだ。

すっかり屹立すると、深く頰張り、ネットリと唇を滑らせて、韓国流フェラを堪能させてくれる。まあ、日本のとそんなに変わらないのだが。

「気持ちいい? よかった。じゃあ、私が上でいい?」

膝立ちになってまたがって、騎乗位素股へ。

左右対称に濡れ開いた肉ビラを裏スジに密着させると、乳房を揺らしながら、体をくねらせる。温かくヌルヌル絡みついてくる肉襞の感触が、ダイレクトに伝わってきた。

「すごく気持ちいいよ」
「私も、気持ちいいよ~、オッパイも触って‥‥そう、あっ、感じちゃう~」
「そんなに強くこすると、イッちゃうよ」
「じゃあ、お兄さん、上になる?」

体勢を入れ替えると、ミレイさんの太腿を抱え込んでの正常位素股。

「あぁ~ん、クリに当たる~、もっと、気持ちよくさせて~」

その言葉に応えて、さらに激しく腰を打ち入れる。

いやらしい濡れ肉の感触に包まれると、あっという間に高まって、たまらず放出となった。

「いっぱい出た?」
「出た」

お湯で濡らしたタオルできれいに体を拭いてくれるミレイさん。うつ伏せになるよう指示されると、時間まで肩のマッサージを施してくれた。

インターネットを見て勉強したのだというが、それなりに心地よく、会話も弾んだ。

「K-POP、今、韓国では誰が人気なの?」
「EXO。男性アイドルグループ。でも、私、キムタクのほうが好き」
「キム・タク?」
「キムタクよ。キムタクもこういうとこ、来る?」
「どうなんだろうね。彼は今、傷心状態かもしれないから、お口でサービスしてあげれば喜ぶんじゃない」
「‥‥想像したら、何か、変な気持ちになってきた」
「濡れたの? どれどれ、ポジ見せて」
「ダメ、それ変態よ」


○チェックポイント
不況の韓国で起業したいと考えている女性は、まず鶯谷を目指す!?
そんな理由もあってか、最近ではごく普通のお嬢さんがますます増えてきている模様。日本の女性とは一味違う反応は、さらなる興奮を呼び起こすはずだ。裸の異文化交流は、ますます新鮮さと密度を増してきている。

ミレイ(23)T170、B93(F)・W56・H87
素直な性格で、キュートなルックス、スレンダーボディのお嬢さん。韓国でのエッチな体験が少なくて、まだ反応もウブなところが愛らしい。


恋の季節

恋の季節 (鶯谷発~都内近郊)

  • 業種:外国人風俗
  • 電話番号:03-3847-2315
  • ホームページ:http://koikise.com/