[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「10月は「全体的にシメ傾向」も新旧アグネスはチャンスあり」

ギャンブル

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「10月は「全体的にシメ傾向」も新旧アグネスはチャンスあり」

2017/10/20

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「10月は「全体的にシメ傾向」も新旧アグネスはチャンスあり」

10月は1年を通して「さぶい」月の一つです。しかし、そんな中にも打てる機種というものは必ずあるものでして。それらを以下に紹介します。

【店の月間オススメ台】

店は必ず毎月、社員会議で来月はどの台を推すのか考えます。ここに選ばれた台は客にとってオイシイ台となります。

【平日昼の常連が好む台】

平日昼間のお客がいなくなってしまうと、夕方への呼び水を失い、仕事上がりで来店したお客はガラガラの店内を見て帰ってしまいます。ゆえに、店側も平日昼間のお客は枯れさせないように心がけているので、オススメとなります。

【シリーズ機の型落ち台】

定番台のシリーズ最新機がデビューした時、同シリーズの旧台が新陳代謝されずに残る場合があります。そんな型落ちとなった在来台はチャンス。なお、シリーズといっても「人気継続中であること」が絶対条件。最近はマンネリやらスペックが現代とマッチしていないなどの理由で、設置から客トビまでの間隔が早いシリーズ台もあるので、それらは要注意です。

【第5週】

「第5日曜日」および「30日、31日」がオススメです。今年の10月は1日がキッチリ日曜日から始まります。こうした場合には29日以降、つまり「第5週」というのが「お詫びの還元」となることが濃厚。しかも、それが10月のような全体シメ傾向の月だったりすると、第5週の還元は〝お約束〟と言っていいぐらいの信頼度です。積極的に攻めてください。

◆気になる機種「大海物語アグネス・ラム(新旧)」

先に指南した項目で「人気機種の型落ち」の代表格があります。10月アタマにデビューした大海物語SPアグネス・ラムの前身「大海3アグネス・ラム」です。いや、アグネスの場合、記した条件の全てを満たしているので、新旧アグネスの両方がオススメとなります。

この2機種のよかったところは、新台のアグネスが初代の復刻に近いぐらい中身が地味なこと。このおかげで、多種多彩なプレミアムなど、派手さを追求した旧アグネスのほうがむしろ新しく感じてしまうというコントラスト効果が出て、新旧アグネスが両方とも楽しくなりました。

甘デジ派はもちろん、ふだん甘デジをあまり打たない方も、この機会にぜひ、触ってみてください。


「遊技データ&収支」
10月7日(土)「埼玉県K市、全国チェーンM店」*等価交換
*甘デジ
*CRA大海SPアグネス(389番台)
7回転 ヤメ 500円
*古い台のF.クィーン(326番台)
10回転 ヤメ 500円
*CRA大海SPアグネス(384番台)
20回転 ヤメ 1500円
*CRA大海SPアグネス(387番台)
44回転 777(7R) 2000円
*2連チャン(7R2回)
186回転 666(5R) 1500円
*5連チャン(7R3回、5R2回)
55回転 ヤメ

・Total Data
投資:5500円
大当たり:7回
換金:2534玉
収支:+4500円
17年トータル収支:+29万9500円
17年戦歴:1月○○●○2月●○○○3月●○○●4月○○○5月○●○○○6月●○●●7月○○○●●8月○○○9月●○○○10月○○(27勝11敗)

私の行きつけは、新アグネスのシメ時期が早く、入れ替え2日目には軒並みシメ。さすがに全台シメってこともなく、最後に座った台はボーダーを大幅に上回る優良台。新アグネスはボーダーが1000円19回転との通説ですが、大当たり終了画面時に止め打つだけで18回転ぐらいになるはずです。

※遊技データは「台紹介」「勝敗にかかわらず一定時間打つ」「プロとして食っていく」というものではなく「趣味のパチンコで副収入を得ようとする時に参考になれば」を目的とした立ち回りです。

プロフィール 浜田正則 パチンコ生活歴31年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として20年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。