[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「12月は店側も派手に出したい!海系や花の慶次は大アケもある」

ギャンブル

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「12月は店側も派手に出したい!海系や花の慶次は大アケもある」

2017/12/01

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「12月は店側も派手に出したい!海系や花の慶次は大アケもある」

◆月の指南「12月の戦略」

12月はボーナスや連休、忘年会、クリスマスなど、お楽しみがギッシリ詰まったイケイケ月です。

このイケイケが伝染して、パチンコ店も「12月だけは派手にいきたい」と考えている店も多く、店同士で出玉を競う様相になります。なので、優良店のイベント日なら全機種全台がチャンス。通常日でも新台や在来の人気機種はプラス調整してある可能性が高いでしょう。

こうなると、打ち手もイケイケ作戦が有効。私も12月だけは全ツッパで、ふだんは避けがちなギャンブル性の高い台でも、オススメとあらば攻めます。

◆実戦指南「ユーザーの年代別で見た立ち回り」

では、そんな12月の具体的な立ち回りを指南しましょう。

【若者ユーザー台】

12月の立ち回りに有効な要素は「年代」です。パチンコで言うと、20代から40代が若者。これらの人たちが好む台は、真・北斗無双のように激しい差玉の機種、あるいはGANTZなどの変則スペック。スロットならジャグラー、花火、バジリスク絆など、設定読みがしやすい機種です。

こうした台はイベント日には爆裂か爆死で、店もそれを見越してアケシメします。これらのシマの還元率が全般的に底上げされると考えてください。つまり、イベント日なら爆裂台の数が増えて、平常日でも数台ぐらいはアケがあるといった感じです。

【年配ユーザー台】

お次は年配が好む台。年配の方は、比較的のんびり打つ人が多く、難しい台は打たないフシがありますので、パチンコならシンプルな海系や花の慶次。スロットでは若者と同じくジャグラー。そして、新台入れ替えで導入した機種に「とりあえず座っとくか」という軽い感じです。

また、こうした年配ユーザーは、パチンコの止め打ちやスロットの目押しもおざなりな傾向があります。なのでガチガチにシメてしまうと客がダメ押しに負けてしまうので、店側の手加減、情けが入ります。先にあげた機種は、大アケがあるかもしれません。

◆「気になる新台」

気になる機種について、名前だけ列挙します。
•三洋の「大海物語4」。こちらは海系の「本命」の一つで、期待大!
•SANKYOの「Fマイケル・ジャクソン」。
•ニューギンの「花の慶次」。こちらも期待大! •ユニバーサルの「ハーデス199バージョン」

これらの新台は要チェックです。


「遊技データ&収支」
11月18日(土)「東京都M町・国道沿い大型F店」*3.57円交換
*甘デジ
*CRA遠山の金さん(1561番台)
9回転 ヤメ 500円
*スー海ジャパン・桃鉄(582番台)
7回転 ヤメ 500円
*スー海ジャパン・桃鉄(585番台)
17回転 111(7R) 500円
*よく回る台だったので飲まれたあと買い足しして続行するも失敗!
298回転 ヤメ 8500円

投資:1万円
大当たり:1回
換金:0玉
収支:-1万円
17年トータル収支:+32万1000円
17年戦歴:1月○○●○2月●○○○3月●○○●4月○○○5月○●○○○6月●○●●7月○○○●●8月○○○9月●○○○10月○○○●○11月●○●(30勝14敗)

この日はファン感2日目。かつて「全シメが当たり前」だったファン感とは違い、そこかしこにアケがありました。適当に座らず立ち回れば、かなり有利に打てましたね。ちなみに私、アホ面こいて27年間ほぼ全て3日間通ったファン感で、今年初めて、くじで当たりを引きました(末等ですけど‥‥)。


※遊技データは「台紹介」「勝敗にかかわらず一定時間打つ」「プロとして食っていく」というものではなく「趣味のパチンコで副収入を得ようとする時に参考になれば」を目的とした立ち回りです。

プロフィール 浜田正則 パチンコ生活歴31年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として20年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。