[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「オルフェ産駒の初GⅠ制覇ある!」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「オルフェ産駒の初GⅠ制覇ある!」

2017/12/07

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「オルフェ産駒の初GⅠ制覇ある!」

今年の阪神JFで注目はオルフェーヴル産駒。阪神JFは、オルフェーヴルの父ステイゴールド産駒が走りやすいレースでした。

13年はステイゴールド産駒のレッドリヴェールが単勝1460円で1着。断然人気のディープインパクト産駒、ハープスターを負かしました。14年は同種牡馬の産駒がココロノアイ1頭で3着。15年も同種牡馬の産駒ウインファビュラスが10人気の人気薄ながら2着。16年は産駒の出走なし。という具合に、過去4年でステイゴールド産駒が出走した場合、必ず馬券になっています。

ステイゴールドを父に持つオルフェーヴルの産駒は、ステイゴールド産駒に相性のいい条件、レースで結果を出していますから、今年の阪神JFはオルフェーヴル産駒が走る可能性は高そう。ここが同種牡馬の産駒初GⅠ勝利のレースとなる可能性も十分です。

ラッキーライラックは、父がオルフェーヴルで、母父が米国血統のフラワーアレイ。阪神JFは、母父が米国血統の馬が結果を出すレースでもあります。近親に若駒限定のマイルGⅠ勝ち馬(NHKマイルC)ミッキーアイルがおり、母馬は2歳戦に強い血統。当レースにピッタリです。

ロックディスタウンもオルフェーヴル産駒。母父は米国血統のストームキャット。当レースに相性のいい母父で、近親にゼンノロブロイがいます。

オルフェーヴル産駒は、種馬としての能力に比べると、馬主関係者からの評価が思いのほか高くない印象ですが、ここで評価がもう一段上昇するのではないでしょうか。ノーザンファームの出走馬のラインナップも「ここでオルフェーヴル産駒の評価を上げるぞ!」と意気込みを感じるのは気のせいでしょうか(笑)。

また、阪神JFは、中距離をこなせる「タメ」と「速い上がり」を兼ね備えた馬が走りやすいレースでもあります。2年連続で芝1800メートル以上を勝ったことのある馬が1、2着。

また、当レースは上がり「33.9秒以内の速い上がり」を使って連対していた馬が特に走りやすい傾向。

今年の阪神芝は例年以上に軽い馬場ですから、速い上がりの実績馬は走りやすいでしょう。

ロックディスタウンとラッキーライラックは、中距離実績も、速い実績も兼ね備えた馬。血統に加えて、戦歴も当レースに適した馬です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。