[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「リーチが長い台は甘クギの期待大「真・花の慶次2」は超オススメだ」

ギャンブル

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「リーチが長い台は甘クギの期待大「真・花の慶次2」は超オススメだ」

2017/12/08

[ギャンブルライター浜田正則]ガチ自腹でパチンコ手記 「リーチが長い台は甘クギの期待大「真・花の慶次2」は超オススメだ」

◆実戦指南「回転所要時間」

今回スポットを当てる「回転所要時間」というのは、抽選1回当たりに要する時間のこと。この時間が短いほど、消化が速いわけで、たくさん回せて当たりが早く来るため、他の台よりも勝てるように感じる「錯覚」が生じます。

むろん、これは錯覚で、処理が速ければ負けるスピードも速いというだけのこと。例えば同じ抽選確率で1000円当たりの回転数が同じなら、スペック的には同条件。ここが攻略の糸口となります。

今回注目したいのは、逆に「所要時間がかさむ台」について。先の理屈を当てはめれば、こうした台は他の機種よりも当たりが重く感じるわけで、「勝てなそう」な印象になります。

こうした台に該当するのは、頻繁に訪れるハズレリーチに、多数の前兆演出やストーリーリーチを搭載している台。代表的なのが今月18日の週にリリースされる「真・花の慶次2」などの〝慶次シリーズ〟です。他には、リングなどもこれに当てはまるでしょう。

こうした台に客を呼びたい場合、半端なアケ方では客側が「アケたと思ってくれない」 ため、さらにアケ足さねばならなくなります。夕方のサラリーマンがメインの店などでは特にそう。アケたとしても、大きいハマリ一発で閉店時間となってしまうので、ますますアケの期待が持てます。

12月は全体的に平常日でもアケが期待できる月ですから、今週、来週までは慶次とリングの在来台が狙い目。そして、18日の週は、真・花の慶次2を夕方からにぎわうような店で朝イチから打つのがオススメです。

◆実戦指南「ヤメ際」

私が同業の方から評価をいただき、私自身、自分のスキルの中で絶対の自信を持っているのが「ヤメ時」なのですが、加えて「ヤメ際」にも一家言あります。

ヤメ際に残ったわずかなコインや玉を台に飲ませてヤメる方に、「その端玉を貯玉しましょう」というのは月並みなアドバイス。

私はこれに加えてヤメる際は、スロットならジャグラーのブドウやチェリーの直後。そうでないならボーナス後に即ヤメ。パチンコなら賞球があった直後でヤメる。こうすることで、端玉の数が毎回他の人に比べて多くなるわけです。

この積み重ねは大きい。1日に5台移動した場合、約500円の差とし、1年100日通うとすれば約5万円の儲け。地味な作業ですが、労せずして5万円です。私と同じように実践してみてはいかがですか?


「遊技データ&収支」
11月24日(金)「東京都M町・国道沿い大型F店」*3.57円交換
*甘デジ→ライトミドル
*CRA大海アグネス(612番台)36回転 ヤメ 2000円
*遠山の金さん(1561番台)に移動6回転 777(6R) 500円
*4連チャン(16R1回、6R2回、4R1回)54回転 ヤメ
*いつもならここで勝ち逃げするところですが、今回は攻めの姿勢で麻雀物語ライト(255番台)へ移動12回転 777(5R)
*9連チャン(15R3回、12R1回、6R1回、5R1回、3R3回)8回転 即ヤメ

投資:2500万円
大当たり:13回
換金:8966玉
収支:2万9500円
17年トータル収支:+35万500円
17年戦歴:1月○○●○2月●○○○3月●○○●4月○○○5月○●○○○6月●○●●7月○○○●●8月○○○9月●○○○10月○○○●○11月●○●○(31勝14敗)

今回遊技した麻雀物語は、通常プレイが退屈かつ、けっこうドツボにハマりやすいスペック(ノーマル当たりの場合、時短がない。確変でも8回転のST以外電サポなし!)なので、かなり甘クギにしないと割に合わない台。でも、それゆえにクギはけっこうアケていて、短期勝負には持ってこいです。


※遊技データは「台紹介」「勝敗にかかわらず一定時間打つ」「プロとして食っていく」というものではなく「趣味のパチンコで副収入を得ようとする時に参考になれば」を目的とした立ち回りです。

プロフィール 浜田正則 パチンコ生活歴31年。業界寄りの記述をする「パチンコライター」とは一線を画し、ファン目線で真実のみを文章につづる「ギャンブルライター」として20年目を迎える。漫画の原作者としても活躍しており、作品は多数。