[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「穴を出すのは『スプリンター血統』」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「穴を出すのは『スプリンター血統』」

2017/12/14

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「穴を出すのは『スプリンター血統』」

現在のコースで行われるようになった朝日杯FSは、7番人気以下で馬券になった馬が4頭います。16年7番人気2着モンドキャンノ、12番人気3着ボンセルヴィーソ、15年11番人気3着シャドウアプローチ、14年14番人気2着アルマワイオリ。

この4頭のうち、3頭の父は芝1400メートル以下の賞金比率、勝ち星比率が高い「スプリント指向」の強い種牡馬でした。

父がジャングルポケットだったシャドウアプローチも母父は芝1200メートルGⅠ勝ち馬を出したフレンチデピュティ。モンドキャンノは父も母父もスプリントGⅠ勝ち馬です。

また、前出した4頭は全て芝1400メートルを上がり3位以内で勝利した実績も持つ馬でした。「スプリンター血統」で、なおかつ「1400メートル以下にて上位の末脚」を使って勝てるタイプの馬が穴を出すレース。

今年の出走予定馬ではダノンスマッシュがこの傾向に合う馬。父ロードカナロアは芝1200メートルGⅠを勝ちまくった馬です。母父ハードスパンも仕上がりの早い血統で2歳戦に強い種牡馬。前走は芝1400メートルのオープン特別・もみじSをメンバー最速の上がりタイムを出して優勝しました。

ロードカナロアは、スプリント適性が高いことに加えて、前走から距離が延びる「距離延長」が得意な特徴も持つ種馬。ダノンスマッシュも前走の1400メートルから200メートル距離が延びるローテーションも買い材料です。

とはいえ4人気ですかねぇ。モンドキャンノみたいに「スプリンター血統だから」と言われて人気が落ちないもんですかねー(笑)。

そして今年は人気が予定される馬も強力。人気薄で2、3着に恵まれるレース傾向はありますが、勝ち馬はクラシック血統であることも当レースの明確な傾向です。

昨年はディープインパクト産駒が1着。一昨年はキングカメハメハサンデーサイレンスの人気馬が1、2着。14年も父ディープインパクト産駒の1番人気馬が1着。去年は、ディープ産駒のサトノアレスが単勝14倍と夢のような配当で優勝しました。

もちろん昨年は、ホームページで公開した予想でも本命に推奨して大儲けしましたが、今年はディープ産駒のダノンプレミアムが恐らく1人気。消せない人気馬ですから、馬券はおいしくなさそうです。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。