[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「JC3着は「ソフト仕上げ」が敗因!キタサンブラックが有終の美を飾る」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「JC3着は「ソフト仕上げ」が敗因!キタサンブラックが有終の美を飾る」

2017/12/22

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「JC3着は「ソフト仕上げ」が敗因!キタサンブラックが有終の美を飾る」

知人の男性新聞記者Jさんが、「先日ビックリしたことがあったんです。知り合いで、ホソエさんが枕営業で仕事を得ているのではないか、と疑う人がいたんですよ」と。

確かに、驚きだ。私が土屋太鳳ちゃんほどのカワユサだったらわかるが、この顔と年齢に需要はない。

よって、「今の時代、穴なら何でもいいという男性もいないでしょうにね」と謙遜も交えて返答すると、「そうですよ。まだマンホールのほうがマシですよね」〈おいおい、オナホールでなく、マンホールかい!〉

とツッコミたくなったが、よくよく考えてみると、マンホールとマ○コホールは何だか似ている。

それ以来、道路でマンホールを見るたび、何だか身内のようなチンキンカン、いや、親近感を抱いてしまう‥‥ナンチッテ。

あ〜、大事な、大事な、有馬記念の週なのに、またくだらないことを書いてしまった〜。

さて、本題の予想ですが、ここはラストランとなるキタサンブラックを本命にします。前回のジャパンカップは3着と負けはしましたが、秋3戦目となる有馬記念を考慮してのソフト仕上げの中での結果。決して悲観する内容ではなく、逆に有馬記念が楽しみとなるものでした。迷いのない本命です。

相手には3歳馬のスワーヴリチャード。左回りのほうがいいタイプではありますが、ソツのない立ち回りを見せての完勝となった前回の内容は、今回につながると判断します。

それでは皆さん、ステキな有馬記念を。ホソジュンでしたぁ。