[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「パフォーマPが軽ハンデ生かす」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「パフォーマPが軽ハンデ生かす」

2018/01/11

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「パフォーマPが軽ハンデ生かす」

日経新春杯といえば、思い出すのはテンポイントの骨折だ。海外遠征前の壮行レースという位置づけで、66.5キロというハンデでも、馬場を回ってくるだけで楽勝と観測されていた。

実況はレース中にもかかわらず、テンポイントの競走中止に多くの時間を割いて伝え、勝ち馬ジンクエイトがどこをどう伸びてきたのか、さっぱりわからなかったことをよく覚えている。1978年、ちょうど40年前の出来事だ。

今やテンポイントの悲劇を知らない人のほうが多いだろう。開放骨折という、今の獣医学でも安楽死必至の重傷を負った馬を、人間のエゴで救う方向を探り、結果として馬によけいな苦しみを与えてしまった経緯は、連日メディアに大きく取り上げられて社会現象となった。

なぜ重度のケガをした馬が安楽死になるかを、身をもって教えてくれたのが、あの馬だった。極端に重いハンデでは出走させなくなったのも、テンポイントが残した教訓からだ。

GⅠをいくつも勝った馬がハンデ戦を使わなくなって久しい。今年も、GⅡとしては少し寂しいメンバーとなりそうだ。

昨年の勝ち馬ミッキーロケットがここから始動。年末に騎乗停止になった和田騎手も、計ったようにこの日からの騎乗だ。出遅れた分はGⅡ勝ちで帳尻を合わせる気持ちに違いない。問題はハンデ。前走57.5キロで2着しているだけに、58キロもありうるだろう。軽い馬が多いだけに気になる材料だ。

年末のグレイトフルSを快勝したパフォーマプロミスは、格上げ初戦だけに軽ハンデ必至。詰めの甘さを斤量が補うシーンを期待して連軸に指名したい。

モンドインテロは、ルメール騎乗がキモ。チャレンジC4着で手応えをつかんだ様子で、好レースは間違いない。

明け4歳なら菊花賞4着のマイネルヴンシュ。グレイトフルSは7着と精彩を欠いたが、いかにもひと叩きのパターン。ここへの上がり目は大きいし、ハンデも軽い。

菊3着のポポカテペトルも、京都コースなら見直し可能。

アルゼンチン共和国杯を53キロで2着したソールインパクトも、1キロ増量としても引き続き警戒が必要。