[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Gドリームは東京千六が最適」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Gドリームは東京千六が最適」

2018/02/15

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「Gドリームは東京千六が最適」

昨年のこのレースで1番人気に支持されて3着に惜敗したカフジテイクが、今回はどうやら除外濃厚。勝ち味に遅い追い込み脚質が災いして、あれからの1年でプロキオンS2着のわずかな賞金しか上積みできなかったからだ。

賞金順位は登録馬24頭中の21位。JRA発表のレーティング上位5頭の優先規定で拾われるのかと思ったら、これも次点の6位と発表された。

1位ゴールドドリーム、2位サウンドトゥルー、3位ケイティブレイブ、4位テイエムジンソク、5位ベストウォーリアのどれかが回避しないかぎり、カフジテイクの出走は見込めない。

このレーティングというのが、賞金順位より優先される規定となっているのだが、そうであれば、もっと盛り上げてくれてもいいのではないか。

例えば前哨戦で「この馬は1着なら2ポンド、2着なら1ポンド上がります」というアナウンスがあれば、関係者はもちろん、ファンも楽しめるはずだが、そういう流れにはなっていない。もうひとくふうが欲しいところだ。

JRAが最も強いと認めているゴールドドリームは、昨年の覇者で、暮れのチャンピオンズCの勝ち馬。チャンピオンズCはライアン・ムーアの神騎乗のたまものと思えたが、今回も同じくムーアが騎乗できそうとあっては、どこからもケチがつけられない。そもそも、東京のダート1600メートルが最適の条件なわけで、本命は動かしがたい。

テイエムジンソクは、昨年5月に古川騎手に手が替わってから7連続連対中。非常に堅実に見えるが、古川は「気性的に難しい馬。こんなに崩れないのは奇跡的です」と言う。燃えやすい馬なのだそうだが、それを感じさせないのは古川との相性のよさなのだろう。

ただし、東京のマイルが脚質に向くとは思えないところがあり、今回は押さえまでにしておく。

見直すべきは人気急落のアウォーディーだろう。川崎記念は出負けして後手後手に回ったのが全て。デキは持ち直しており、大きく狙うなら今回。

伸び盛りの4歳馬、サンライズノヴァもおもしろい。外国人に乗り替わるサウンドトゥルーは旬を過ぎた感があり、昨年2着のベストウォーリアも、取り消し明けのハンデは否めないだろう。

目野調教師が最後のGⅠ挑戦となるケイティブレイブにも注目だ。