[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「旦那が遠回しにサゲマンをアピール 泣けてしまうわ、グチョグチョに‥‥」

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「旦那が遠回しにサゲマンをアピール 泣けてしまうわ、グチョグチョに‥‥」

2018/03/09

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「旦那が遠回しにサゲマンをアピール 泣けてしまうわ、グチョグチョに‥‥」

子供時代の興味はコロコロと変わるもの。

4歳の息子もアンパンマンに始まり→きかんしゃトーマス→しまじろう→ちびまる子ちゃん→プリパラとなり、とうとう恐れていた時が来てしまった。

最近はクレヨンしんちゃんにハマり始めて、「ママ、しんちゃんはこうするんだよ」と、お尻を出しては喜ぶありさま。

そして、私の着替えの際には、「ママ、そのまま」と指図して、オッパイをモミモミして、再び喜ぶ。しかし問題は、ここからだ。

ある日、目の前にいた旦那に「パパも触って、ママのオッパイ」と要求すると、あろうことか、旦那の口から出た言葉は─、

「ダメ、今週パパの担当するおウマさんが競馬だから。競馬が終わってから」

と、マジ申告。

結婚後、確かに周囲から〝サゲマン鬼嫁〟とささやかれる私ですが、愛する息子の前で遠回しにサゲマンぶりをアピールするなんて‥‥ヒドイ!

ちなみにですが、担当馬は4着‥‥触らずしてこの結果を、どう受け取ればいいのだろうか‥‥。

いずれにしても、放置されたうえでのサゲマンとは、なんと惨めな42歳なのでしょう‥‥泣けてしまうわ、グチョグチョに‥‥ナンチッテ。

さて、金鯱賞ですが、本命は、左回りとなる中京の舞台という点からスワーヴリチャードにします。

対抗はヤマカツエース、そして3番手はサトノダイヤモンドで。

それでは皆さん、週末は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。