[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「武豊騎乗クリンチャー中心」

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「武豊騎乗クリンチャー中心」

2018/03/15

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「武豊騎乗クリンチャー中心」

クリンチャーといえば藤岡佑介騎手だ。丸山元気騎手が騎乗したデビュー戦以外の全てに騎乗して、昨年の3冠レースにも全て参戦。皐月賞、ダービー、菊花賞に皆勤した馬は、昨年はアルアイン、ダンビュライトとこの馬の3頭だけで、いかに丈夫でよく働いたかがわかる。

菊花賞2着から、前走の京都記念1着という足跡がこの馬の充実ぶりを示しており、特に京都記念ではアルアイン、レイデオロ、モズカッチャン、ディアドラと4頭のGI馬をまとめて負かす殊勲の走りだった。

藤岡佑騎手自身も今年は絶好調で、3月1週目の時点で20勝をあげて全国リーディング5位。31歳の充実期で、今年こそはGIジョッキーの栄誉に手が届きそうな勢いだ。

しかし、この阪神大賞典では、最愛のパートナーの手綱が武豊騎手へ変更されることが告げられた。もちろん悔しくてたまらないだろうが、オーナーの武豊愛を考えれば、予期しないことでもなかったろう。絶対的な信頼を築く道は、まだ先があるということだ。

一方、武豊騎手には、ようやくいい風が吹いてきた。年間200勝ペースで勝ってきた頃のような全鞍騎乗には遠く及ばないが、重賞レースに限れば、このクリンチャーのように、縁がなかった馬からのオファーがやってくるようになった。

49歳のシーズンとしてはまさに驚異的。弟・幸四郎の調教師デビューも刺激となっていて、活力にあふれているように見える。ここも藤岡佑騎手のお手本になるような騎乗で勝利に導いてくれそうだ。人気でも、中心は揺るがない。

相手も絞れそうだ。強い相手にもまれてきたレインボーライン、筋金入りのステイヤーとして名をはせるアルバート。振り幅の大きさは気になるが、芯に当たったら怖いサトノクロニクルと、逃げがツボにはまった時のヤマカツライデン。この4頭をマークすれば馬券は当たるはずだ。

スプリングSは混戦模様。力はステルヴィオだが、中山向きとは思えないところが気にかかる。思い切って、カフジバンガードからの馬券。前走も坂を上がってからの切れが目立っており、中山は向くはず。