たかしょーのイっちゃって! 連載63 今週のテーマ「春といえば…」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載63 今週のテーマ「春といえば…」

2018/04/12

たかしょーのイっちゃって! 連載63 今週のテーマ「春といえば…」

早いものでもう4月。皆様は春といえば何を思い浮かべますか?

私にとって、春は花粉症の季節。17歳ぐらいの時に発症し、7年ほどのつきあいになります。人により症状は違うと思いますが、私はこの時期、目や耳のムズがゆさやくしゃみが止まらずつら~い! 特にここ数年は毎年、病的な重さに悩まされています。

ファンの方とお会いできる撮影会でも頻繁にくしゃみが出てしまうのが困りものでして、撮影中でも私、無意識に後ろを向いてカメラから目を逸らそうとしてしまうのです。この場をお借りして謝らせてください。個別の撮影時間は短いのに、その数秒のために駆けつけてくださっているのに、本当にゴメンナサイ!そして、くしゃみをした瞬間の変顔が撮れていたら削除お願いします(笑)。

プライベートでもファンの方々の前でも、花粉症がマックスで発症するのに、実は撮影中だけはピタッと治まるから、これが不思議なんです。AVの撮影でセックスをしている最中は一度もくしゃみをしたことがありません。快感に集中するとくしゃみが止まる、とか?(笑)。

でも、もし挿入中に出たらどうなるのでしょうか。くしゃみをすると腹筋や背筋に力が入る気がするから、膣もキュッと締まる可能性がありますよね~。締まりがよくなるのだとすれば、春は花粉症の女子とセックスするのに最適なシーズンだったりして!?(笑)。

セックスの話をして思いつきましたが、春といえば青姦! まだ夜は肌寒いとはいえ、秋や冬に比べれば‥‥。女子の体に冷えは禁物なのです。と言いつつ、実は外でするより室内でするほうが好き派ですけどね。いえ、決して青姦が嫌いなワケではないんです。屋外だと景色や人目が気になって集中できない分、室内より感度が下がってしまう印象がありまして‥‥。 ただ「見知らぬ誰かに見られるかもしれない」というスリル感は一度でいいから味わってみたい! だから、場所は室内で、友達が寝ている横で‥‥というシチュエーションなら萌えそうです(笑)。

ここでまた〝たかしょーの妄想シリーズ〟に突入しま~す。「将来できるかもしれないパートナーが、もしも青姦好きだったら」。ぜひ、やってみたいのが、夜桜を鑑賞しながらの〝お花見セックス〟。本当は昼の暖かい時間に桜を見ながらシタいのですが、さすがに明るいところでは、ねぇ(笑)。夜なら暗いから気づかれないかなと思いますし、寒かったら結合部を毛布でくるみながらスルとか。

桜を間近に見られる部屋の窓を全開にしてバックでスルのもステキかも。日本酒を飲んでほろ酔い気分になりながら気持ちよくなるって最高じゃないですか? 美しい景色を堪能しながらシタほうが、お互いにいつもより高ぶるでしょうし。

じっくりと妄想に浸ってしまいましたが、私、お花見は女子同士でしか最近は行っていないんです。一昨年も昨年も、私を含めて女子4人。アウトドアを満喫するイメージがないかもしれませんが、お花見は毎年欠かさずしているんです。

女子同士だからこそ盛り上がる話題もありますが、女子とばかりお花見していると、こんな夢をみる時もあるんです。満開の桜の下で、激しく燃え上がるセックス。実現する時が来たら着物を着ようかな。


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠、「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」を受賞。写真集「Sho-Time!!」(徳間書店)が発売中。DMMアダルトアワード2018「最優秀女優賞」にノミネート。「投票
よろしくお願いします♡」。詳細は、ツイッター@TS_takasho


関連商品