[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ジャンダルム絶好のチャンス」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ジャンダルム絶好のチャンス」

2018/04/12

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ジャンダルム絶好のチャンス」

単勝1倍台前半の支持を集めて圧勝するだろうと見られていたダノンプレミアムが、突然の離脱。一変して、戦国クラシックの様相となってしまった。

あまりにも急な出来事だけに、他陣営も慌てている。本音を言えばうれしい悲鳴に違いないのだが、作戦的には難しくなった側面もあろう。ダノンプレミアムが主導権を積極的に握って勝ちに行くタイプだけに、いてくれたほうがレースの組み立ては楽だったはずだ。

代わって1番人気になるのはワグネリアンだろうか。東スポ杯2歳Sで見せたパフォーマンスは強烈で、あの時点ではダノンプレミアムより高い評価を得ていたほどの大器だ。

弥生賞の完敗で一気に存在感を薄くしてしまったが、あのレースでも上がり3ハロンはダノンプレミアムよりコンマ4秒も速かったわけで、能力が落ちたわけでは決してなかった。

要は、ダノンプレミアムの卓越したスピードに早々と勝つ形を奪われてしまっての敗戦だっただけだ。末脚は確実に使うと信頼していい馬だ。

ステルヴィオも末脚自慢。5戦3勝という戦績で勝てなかった2戦は、どちらもダノンプレミアムに完敗を喫しての2着だった。弥生賞での対戦を回避して、スプリングSに回ってあっさりと3勝目。唯一無二のライバルがいなくなって、負ける馬はほかにいないかもしれない。当然の主役候補だ。

すみれSの末脚が圧巻だったキタノコマンドール。2戦2勝で、一線級との力の比較の材料がないが、あの切れ味ならいきなり通用しても不思議はない。

ただし、前記3頭が全て追い込み型というのがこのレースに紛れがありそうなポイント。自分から動いて行く形でどうかは、それぞれの陣営も自信アリとは言えないだろう。ダノンプレミアムがいてくれたほうがよかった、というのはそのへんなのだ。

武豊騎手のジャンダルムも差し脚によさがある馬だが、これも弥生賞でダノンプレミアムに完敗を喫した。武豊騎手は「スタイルを変える勇気は、負けた馬の特権」と不気味なコメントを発しており、筆者は正攻法の競馬をしてくれるのではないかと勝手に期待している。

もとよりダービーより皐月賞がいいと思っていた馬。ここは絶好のチャンスと切り換えてくることだろう。展開利も含めて、ジャンダルムからの馬券。