[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンは血統もピッタリ」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンは血統もピッタリ」

2018/04/12

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンは血統もピッタリ」

競走馬は、これから走る距離を自覚していません。よって「近走の経験」を頼りに走ることになります。だから「近走出走距離の経験」を予想にも利用できるのです。

過去5年、皐月賞の勝ち馬は全て前走で芝1800メートルの重賞を経験していた馬です。出走比率は前走芝1800メートル組が4割程度。前走2000メートル以上を経験した馬のほうが出走比率が多いにもかかわらず、過去5年は前走芝1800メートル以下組が勝利。短い距離を経験している馬のほうが有利なのです。

昨年の勝ち馬アルアインは前走芝1800メートル。2着のペルシアンナイトは前走1600メートルでした。逆に不利だったのは、その後にダービーを勝つレイデオロ。皐月賞の前走は、芝2000メートルのスローペースで、それまでに1800メートル以下の勝利経験どころか、出走経験すらない馬でした。3番人気で9着に敗れたカデナも同様に前走は芝2000メートルのスローペース。2走前も2000メートルでした。

短い距離の経験が有利になるのは、皐月賞が「多頭数のスピード競馬」になるからです。

皐月賞を迎えるまでの2000メート以上戦線は、少頭数やスローペースの緩いレースになりやすい傾向。ところが、本番の皐月賞では多頭数で、ペースや決着タイムが速くなります。

勝ちタイムも17年が1分57秒8、16年も1分57秒9、15年が1分58秒2。それまでの2000メートル以上戦線に比べて、突然速い決着のレースになるため、「2000メートルばかりを経験」している馬は追走に戸惑い、凡走するのです。

昨年の皐月賞でレイデオロが凡走したのは、「スピード競馬の経験不足」による戸惑いです。

ワグネリアンは1800メートルのレースで連勝。スピード競馬の経験は十分です。祖母ブロードアピールはダート1200メートル重賞で優勝し、芝1200メートル重賞の勝利実績もあるスピード馬です。父は昨年の勝ち馬も出したディープインパクト。血統、戦歴ともに皐月賞にピッタリです。

グレイルは前走が初の1800メートルで、1番人気に推されましたが7着に凡走。前日にHPで公開した予想ではグレイルをまったく評価しませんでした。初の1800メートル戦で馬が戸惑うことが予想できたからです。前走は「能力以上の凡走」でしたし、「戸惑った経験」が今回は生きるでしょう。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。