たかしょーのイっちゃって! 連載64 今週のテーマ「ギターと台湾と私」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載64 今週のテーマ「ギターと台湾と私」

2018/04/19

たかしょーのイっちゃって! 連載64 今週のテーマ「ギターと台湾と私」

皆様はバンドを組んだ経験がありますか?最近は会社を退職してから楽器を習い始めたり、青春を思い出してバンドを結成するシニア世代の方々も増えているらしいですね~。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、私も今、ガールズバンドを組んでいます。パートはギター。2年ほど前から練習し始めました。さらに技術を磨くべく、今も仕事の合間を縫ってはスタジオで個人練習に励んでいます。

個人練習で思い出すのが、去年の9月の出来事。イスに座って黙々と弾いていたら、姿勢がよくなかったのか、肩が凝ってきたのです。そのうえスタジオ内が何だか暑く感じてきまして。私の熱気で温度が上がってしまったのかもしれませんが(笑)。でもせっかく練習に来たのですから休むわけにはいきません。疲労と暑さの中、どうやって練習を続けようかと考えた結果‥‥抱えたままのギターに、おっぱいを乗せてみたところ、なんとピッタリとフィット! おっぱいの乗せ心地が抜群によかったのです(笑)。そこでふと気づいたのですが、ギターのボディ自体もなんだかとてもおっぱいを乗せやすい形状をしているなって(笑)。

私が使っているPRS(ポール・リード・スミス)のボディは女性の上半身に似ていて、上部がキュッとくびれてお尻に向かって緩やかに膨らんでいるのです。くびれがほぼない男性的なボディのフェンダー・テレキャスターだったら乗せられなかったかも。といっても、おっぱいを乗せるためにPRSを選んだわけじゃないですよ(笑)。「おっぱいONギター」の構図は、自分で見てもおもしろかったんです。ファンの皆さんにも見ていただきたくて、ツイッターに写真をアップしたらなんと5000人ぐらいにリツイートされてビックリ! ファン以外の巨乳好きな男性からはおっぱいをホメられ、ギタリストからは(自分で言うのもてれますが)技術をおホメいただきました。

私の行動は〝巨乳ギタリスト、あるある〟だったらしく、胸の大きな女性からは「わかる!」と共感していただき、胸の小さな女性からも「乗せたことがない」と反応をいただくなど、各方面から反響があったのです。

リツイート数の影響か、おっぱいONギターで練習を重ねた成果か。3月には台湾でのライブを実現できました! パチパチパチ。

1200人という大きなキャパも、海外ライブも初めて。本番前は緊張感でテンションが高まり、楽屋ではメンバー全員でかなり盛り上がったんです。

ヒートアップしすぎた私たちがしたことを、今この場をお借りして初めて告白します。本番で客席に投げるサイリウムで、おっぱいを突っつき合って遊んでしまったのです(笑)。ファンの皆さんはまさか、おっぱいを突っついたサイリウムが投げられていたとは想像もしていませんよね。私のおっぱいを攻撃したサイリウムも誰かが受け取ってくれているはずです(笑)。

おっぱいを刺激されてムラムラしたわけではありませんが、台湾でもちゃんとオナニーはしてきました。海外へ行く時は、電マはお家でお留守番なので、指オナニーを4泊中2回ほど。

クリが敏感だから指でも電マでもパンティの上からなぞるのですが、やっぱり指では刺激不足でした。〝指オナ〟でイケなくても台湾にはまたイキたいです~! また行ける日を楽しみに今週も頑張ります!


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠、「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」を受賞。写真集「Sho-Time!!」(徳間書店)が発売中。DMMアダルトアワード2018「最優秀女優賞」にノミネート。「投票
よろしくお願いします♡」。詳細は、ツイッター@TS_takasho


関連商品