[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「フローラSで穴を出す「3つの実績」」

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「フローラSで穴を出す「3つの実績」」

2018/04/19

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「フローラSで穴を出す「3つの実績」」

桜花賞(芝1600メートル)はアーモンドアイが圧勝。しかし、同馬は芝1400メートルの新馬戦で敗れています。しかも、関係者によると「新馬戦の状態は桜花賞ぐらいよかった」とのこと。アーモンドアイが圧倒した桜花賞と新馬戦の芝1400メートルでは「要求される能力」がまったく違う、とも言えるでしょう。

フローラSは、牝馬の若駒にとって、全ての馬が初となる芝2000メートル重賞です。新馬戦や、それまでの芝1600メートル以下の重賞戦線とは、まったく異なる適性が要求されるレース。

ですから、牝馬限定戦や新馬戦での結果は無視。「新馬戦以外のレースでの実績」「牡馬混合芝1800メートル以上の実績」を重視したいレースなのです。

過去5年で「未勝利戦の牡馬混合芝1800メートル以上で勝利」、もしくは「500万以上で5着以内」の実績があった馬は、複勝率29%、複勝回収率156%。その馬は次のとおりです。【13年】エバーブロッサムが2着、ブリュネットが9番人気3着。【14年】サングレアルは4番人気1着、マイネオーラムが13番人気3着。【15年】シングウィズジョイが1着、ディアマイダーリンが2着、マキシマムドパリが3着。【16年】パールコードが2着、アウェイクが13番人気3着。17年もモズカッチャンが12番人気で優勝。「新馬戦以外」「牡馬混合」「芝1800メートル以上」の実績を重視すれば狙えた馬でした。

そのあと、モズカッチャンがGⅠで活躍したことを考えても、フローラSまでの牝馬限定の重賞戦線は、フローラS以降で要求される能力とは違った適性のレースとも言えます。

ヴェロニカグレースは、牡馬混合の芝2000メートルの500万条件で2着。そのレースの勝ち馬は重賞勝ち馬のオウケンムーン。モズカッチャンと同じハービンジャー産駒で、近親に秋華賞勝ち馬のアヴェンチュラがいます。

サトノワルキューレは、デビューから芝1800メートル以上の牡馬混合戦を使われ続けた馬。一瞬、「牡馬?」と間違うようなタフな戦歴です。父はもちろん、当レースでも実績を残すディープインパクトです。

アストラサンタンは、2走前に牡馬混合の芝1800メートルに出走。2着に敗れましたが、勝ち馬は次走で牡馬混合重賞で即4着。父ハーツクライで、近親のレインダンスは秋華賞2着馬です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。