たかしょーのイっちゃって! 連載67 今週のテーマ「初せっこう」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載67 今週のテーマ「初せっこう」

2018/05/17

たかしょーのイっちゃって! 連載67 今週のテーマ「初せっこう」

皆様にご報告があります! ついに、たかしょー初となるオナホールが発売されました~。商品名は「名器の証明NO.11」と申します。パチパチパチパチ~。

お題の「初せっこう」の意味は「初石膏」。オナホを作るため、生まれて初めてアソコに石膏を塗りたくられてきました。

陰部を石膏で固めるなんて、なかなかできない貴重な経験。今もハッキリと覚えている手順を説明させていただきますと─。

まず最初に、アソコの外側と、膣の奥深くまでワセリンを塗るんです。もう、アンダーヘアにもた~っぷりと。石膏に毛が絡まると、剝がす時に痛いからだそうです。

型取りをしてくれたのは、かなり年上の男性でした。ブルーシートの上で手慣れた調子で石膏が冷めないようにこねている姿は、オナホを作り続けてウン十年の職人さながら(笑)。石膏がちょうどいい柔らかさになったら、いよいよ型取りです。私は寝転がった状態で脚をパカッと大きく開いてスタンバイ。

そして人肌ぐらいの温かさの石膏を流し込むのですが、これが、かな~りくすぐったい! 型がブレてしまうので笑ってはダメなのですが、ふだんからVラインをなでられるだけで、こそばゆくなってしまう私は我慢の限界。職人さんに「動かないでください!」と言われたのに、笑って体が揺れてしまい、結局、二度型取りをしました。

型取り後もひと苦労。アンダーヘアに細かな石膏がビッシリと付着していたのです。

現場にあるのはワセリンだけで、毛1本ずつに塗って取り除いたのですが、これがめっちゃ痛い! 私のアンダーヘアはけっこうフサフサなので、時間がかかったうえに、ポロポロと剝がれ落ちる石膏を見ていたら「一人で何をしているんだろう?」と、ちょっとなかなか味わえない状況に噴き出してしまいました(笑)。

そうして、ついにできた完成作を2個並べて眺めてみましたが、私のアソコそのまんま! さすが職人さん、リアルに再現してくださってるではないですか。

大変でしたけど、達成感を満喫できたので、毎年作り直してみたくなりました。私のアソコは年月を重ねるとどう変化するのか‥‥狭い入り口は広がってほしくないんですけど興味津々。いつでも鑑賞できるよう、自宅のテレビ台の上かトイレの棚に1個ずつ並べておきたいのです。

初めてのオナホ作りでしたが、自分のAV作品がリリースされる時と同じように、今から妄想しているんです。「発売された日は世の中でどれだけの方が私を想像してヌイているんだろう? 今、世の中で私のために出ている精液は合計で何㍑なんだろう? 以前、私でヌクと言っていた女性ファンもいたから、精液と愛液を足したら総量は‥‥」って(笑)。

さらに妄想が暴走すると、世の中の全ての〝汁〟の量を集めてみたい欲望にかられることも。汁の総量は毎日できるだけ大量であってほしいし、私のAVを観ながらオナホでヌイてほしい。私と合体しているかのような、バーチャルセックスを楽しんでいただけたら最高にうれしいです♡

丹精込めてリアルに再現していただいたので、大事に優しく取り扱ってくださいね。お手入れを忘れず、末永く〝おツキあい〟いただけますように♡


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
16年のAV業界の祭典「AV OPEN」77冠、「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」を受賞。写真集「Sho-Time!!」(徳間書店)が発売中。DMMアダルトアワード2018「最優秀女優賞」にノミネートされた。「投票よろしくお願いします♡」。詳細は、ツイッター@TS_takasho


関連商品