[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンの巻き返し濃厚!」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンの巻き返し濃厚!」

2018/05/24

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「ワグネリアンの巻き返し濃厚!」

ダービーは、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ステイゴールドなど、クラシックに強い種牡馬の産駒であることはもちろん大事ですが、出走馬のほとんどはいずれかの産駒。母馬の血統も、よりスピードを強化した血統に向くレースです。

例えば、去年の勝ち馬レイデオロは、父がキングカメハメハで、祖母レディブロンドがスプリンター。

一昨年はディープインパクト産駒が1〜3着を独占しましたが、マカヒキとサトノダイヤモンドは、どちらもアルゼンチンの高速母系。マカヒキは母父フレンチデピュティ、サトノダイヤモンドは母父ダンチヒ系。スプリント戦に強いスピードの血が上積みされていました。

今年の出走予定馬では、ワグネリアンの父がディープインパクト。祖母ブロードアピールは米国のスピード血統。芝1200メートル重賞も勝利していますが、ダート重賞(ガーネットS)でも34秒3という、ダートでは破格の末脚のスピードを駆使して優勝した馬。父も圧倒的な末脚のスピードを武器にしていましたが、母系もさらに末脚のスピードを強化する血統です。

皐月賞は、3コーナー5番手以内の馬が1〜3着を独占。33秒台の上がりを出した馬が1頭もいなかったように、末脚のスピードが発揮できない馬場でした。今回、雨が降らなければ、皐月賞とは一転して末脚のスピード勝負になるので、巻き返しが濃厚です。

ステイフーリッシュもワグネリアン同様、父も母父もダービー馬を出した種牡馬。そして祖母シルバーレーンは、スプリンターズSの勝ち馬を出したブラックホークの母。前走から藤岡佑騎手に乗り替わったとたんに先行競馬ができるようになり、重賞を優勝。2走前までとは別馬のようで、伸びしろも見込めます。

オウケンムーンはデピュティミニスター、フェアリーキング、ストームバードと、芝1200メートルや米国指向の強いスピード型ノーザンダンサー系を持つ馬。

過去5年の5人気以下で馬券になった馬を見ても、13年8人気3着のアポロソニックは、父がダンチヒ系で母父はストームバード系。14年12人気3着マイネルフロストは母母父ダンチヒ系で、ダンチヒのクロスも持つ馬。芝1200メートルや1600メートルの高速決着に強い「スピード型ノーザンダンサー系の血を持つ馬」の穴馬券も目立ちます。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。