[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ペルシアンナイトを頭から狙う」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ペルシアンナイトを頭から狙う」

2018/05/31

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ペルシアンナイトを頭から狙う」

今年の安田記念を読み解く、最も大きなカギはスワーヴリチャードの取捨だろう。東京コースはダービーの2着惜敗を含む4戦2勝2着2回。左回りが特にいい馬で、天皇賞・春よりこちらにホコ先を向けてきた理由の一つはそこだろう。

ただし、人間のエゴも透けて見えるのが、初のマイル参戦という、馬にはきつい冒険。種牡馬が視野に入っている馬だからこそ、3200メートルの天皇賞・春を勝つより、この距離の安田記念を勝ったほうが種牡馬価値は大きく上がる。

狙いはよくわかるのだが、馬にとっての負荷は大きい。2000メートルの大阪杯で刻んだ1分58秒2は評価できる時計だが、マイルで速い時計を要求された時の対応は想像以上に大変そうだ。追走に苦しむ姿が真っ先に想像できてしまう。

サングレーザーも前半は後方にいる馬だが、これは脚が上手にたまっている状態。走破時計は常にハイレベルで、前走は京都のマイルで1分31秒3というレコードで突き抜けた。スワーヴリチャードといえども、同じ場所からスパートしては切れ味で負けてしまう。

そう思えるからこそ、今回のスワーヴは軽視してしまう。最高に走っても3着までと考えている。

サングレーザーより上位に来る可能性があるのがペルシアンナイトだ。近走は1800メートルの中山記念、2000メートルの大阪杯に背伸びして勝ち切れていないが、この馬こそベストはマイル。3歳時に秋山騎手が追い切りに乗って、「こんなパーフェクトな馬がいるなんて」と絶賛した性能の高さ。マイルCSを伏兵として勝ったが、本来はこの距離なら主役を張って当然。今回も伏兵扱いなら喜んで頭から狙いたい。

サトノアレス、モズアスコット、リスグラシュー、アエロリットと、この辺もマイルのカテゴリーなら十分に戴冠が狙える馬たち。スプリント路線は手薄なままだが、マイルはだいぶ役者がそろってきている。

怖いのは香港からやって来るウエスタンエクスプレス。前走、チャンピオンズマイルでコンマ1秒差2着なら、少し時計がかかる馬場になった時にさらに警戒がいる。