[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「上昇馬ミリッサを本命に抜擢」

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「上昇馬ミリッサを本命に抜擢」

2018/06/07

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「上昇馬ミリッサを本命に抜擢」

未勝利と500万条件を中心として行われている地方交流戦に、見習騎手の減量特典がそのまま適用されるルールとなって勢力図が激変している。

これまでは勝負気配がある中央馬には、現地のリーディング上位騎手を起用するのが定石だったのに、今は3キロ減の特典がある▲印の騎手が起用されて結果を出しているのだ。

特に川又騎手の9戦6勝は目をみはる快進撃で、堂々の首位爆走。ただし、その好成績によって2キロ減の△印に昇格したのがどう出るか。腕を取るか、1キロにこだわるかは、依頼する側の判断になる。

マーメイドSは、毎年のことながらオープン格の馬だけではフルゲートが埋まらず、格下からの挑戦が数多く見られる。牝馬のハンデ戦ということで50キロ以下の超軽量馬が複数頭出現し、そこでも減量騎手に声がかかることになる。そして、そういう馬がよく馬券に絡むのがこのレースの傾向なのだ。

実績上位はトーセンビクトリーだ。角居厩舎の超良血馬でGⅠでの善戦歴も多数。条件馬相手なら楽勝とも思えるのだが、どっこいそうはいかないのがハンデ戦だ。昨年もこのレースを使って56キロ。1番人気9着という結果だった。今年も恐らく56キロは背負わされるはずで、条件馬とはいえ50キロや49キロの馬たちに対抗するのは簡単ではない。

前走でいい決め脚を使ったキンショーユキヒメも、ここは55キロか、恵まれても54キロ。勢いは認めても斤量で二の足を踏まされる。

となると、やはり上昇馬の抜擢。ミリッサはまだ条件馬だが、前走の阪神牝馬Sでもコンマ4秒差の7着。51キロと読めば、直線で飛んできそうなイメージが湧いてくる。◎に期待。

同じようにアルジャンテも軽量の魅力。準オープンで堅実に駆けており、手堅さならミリッサより上という見立てもできるほどだ。

ルネイションも好勝負。追い込み馬だから当然とはいえ、常に上がり時計3位以内に入ってくる末脚自慢だ。