[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「マーメイドSはレイホーRに注目」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「マーメイドSはレイホーRに注目」

2018/06/07

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「マーメイドSはレイホーRに注目」

マーメイドSは「近走の上がり順位」が重要なレースです。近2走で「上がり1位」か「前走上がり3位以内」の馬は、過去5年で複勝率42%、複勝回収率が154%になります。

【13年】マルセリーナが7番人気1着、アロマティコが3着。
【14年】ディアデラマドレが1着、コスモバルバラが13番人気で2着。
【15年】シャトーブランシュが8番人気で1着、マリアライトが2着、パワースポットが10番人気で3着。
【16年】ヒルノマテーラが7番人気で2着。
【17年】マキシマムドパリが1着、クインズミラーグロが2着、アースライズが6番人気で3着。

近2走の上がり順位は、多くの専門誌やスポーツ紙の馬柱には掲載されていませんが、レース結果には確実な相関関係があります。血統系統なども専門誌には載っていませんが、結果には相関関係があります。「的中につながるけれども競馬新聞には載っていないファクター」を使えば、馬券で勝てる確率は上がります。当たり前ですが、多くの人が市販の競馬新聞を読んで馬券を買います。その新聞に載っていないけれども的中につながるデータを見たほうが、皆が買えないけれども当たりやすい馬を選べるわけですからね。

今回出走を予定しているレイホーロマンスは、2走前に上がり最速を記録。兄は7歳で重賞を初勝利したスズカデヴィアス。父も古馬になって強くなりましたが、牝系も古馬になって強くなる一族です。

前走は小回り福島の芝1800メートル戦。ハービンジャーは走りやすいコーナー&距離延長でパフォーマンスを上げる産駒を出しやすい種牡馬です。今回は前走よりもコーナーが緩くなる阪神芝2000メートル。距離が延びるのも前進材料です。

また、ハンデ戦でもあり、斤量に傾向も。去年は1着馬が55キロ。2、3着馬が54キロ。過去5年の出走馬を斤量52キロ以下と53キロ以上に分けると、ちょうど半々の割合になるのですが、52キロ以下で馬券になったのは2頭だけ。出走比率を考えると分が悪いのです。

しかし、極端に重い馬が走りづらいのも当レースの傾向。例えば、去年1番人気のトーセンビクトリーと一昨年1番人気のシュンドルボンはハンデ重賞を1勝しただけなのに56キロを背負ってどちらも凡走。53〜55キロの斤量が恵まれやすいことも意識したい傾向です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。