[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「『函館SS』前走4着以下馬は軽視!」

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「『函館SS』前走4着以下馬は軽視!」

2018/06/14

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「『函館SS』前走4着以下馬は軽視!」

今週末6月17日のWIN3函館スプリントSは、前走好走馬を重視したほうがよさそう。大敗直後の馬もそれなりに健闘していますが、前走の着順が4着以下、かつ前走の距離が1600メートル未満だった馬は14年以降〈1 0 0 32〉と安定感を欠いていました。今年は出走予定馬の大半がこの条件に引っ掛かるので注意しましょう。

なお、同じく前走4着以下だった馬に限ると、5歳以上だった馬は14年以降〈1 0 0 28〉。前走の条件がJRAのGⅠでなかった馬も14年以降〈0 0 0 24〉と、それぞれ苦戦しています。また、JRA、かつ芝1200メートル以上の重賞かオープン特別で優勝経験のない馬は14年以降〈0 0 0 19〉。実績が見劣りする馬までマークする必要はありません。

出走予定の馬で強調できるのはティーハーフ、ナックビーナス、ノットフォーマルくらい。人気の盲点となりそうなティーハーフもおもしろそうですが、やはり実績上位のナックビーナスを高く評価したいところです。

WIN5のユニコーンSも前走内容がポイント。前走500万下のレースだった馬は、ほとんど上位争いに食い込めていませんし、前走の着順が5着以下だった馬も11年以降〈0 0 1 36〉と苦戦していました。

一方、前走が外国のレースや500万下のレースだった馬を除くと、前走の4角を3番手以内で通過した馬は11年以降〈5 4 4 13〉と堅実。また、前走がJRA、かつ1000万下から上のクラスのレースだった馬に限ると、前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以内だった馬も11年以降〈1 3 4 7〉と健闘しています。

中心はグレートタイム、ハーベストムーン、バイラ。休養明け2戦目のグレートタイム、先行力が高いハーベストムーンは、特に有力と見ていいでしょう。

◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや)
「JRAホームページ」「グリーンチャンネル」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。新刊「コース別 本当に儲かる血統大全 2018-2019」(ガイドワークス)が好評発売中。