[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「好調度重視でサクセスE本命」

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「好調度重視でサクセスE本命」

2018/07/05

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「好調度重視でサクセスE本命」

想像するだけで汗がジワッと出てくる気がするほど暑い、夏の中京。最寄り駅は名鉄の「中京競馬場前」だが、前と言い切るには少々距離があり、その道中はダラダラと上がる坂道ときている。

途中には「正門まで残り2ハロン」などと、ファン向けの看板が励ましてくれたりするのだが、暑い時は笑えない。「動く歩道ぐらいつけたらどうか」と吐き捨てたい気持ちを抑えきれない、表情の険しい人が簡単に見つかる。数年前までは無料バスがピストンで運行されていたのに、経費節減ということなのか廃止。高齢者にはちょっと厳しいのが、中京の坂だ。

この競馬場は馬券も難しい。直線が長く、ゴール前には坂がある、いわゆるゴマカシの利かない力勝負の馬場だが、説明のつかない穴馬券も頻発するからだ。特に夏場は格よりも調子を重視すべきだし、中京実績にも目を配るのが大切なポイントになる。

プロキオンSなら、好調馬はサクセスエナジー。交流重賞を連勝中だ。かきつばた記念は展開に恵まれた感もあったが、前走のさきたま杯は激戦。直線の追い比べを制した強い内容だった。中京も1戦1勝と、少なくとも苦手にはしていない。

実績ならインカンテーションが上位。一時、成績を崩したが、今年に入ってからフェブラリーS、かしわ記念とGⅠを連続3着して復活をアピールしている。この馬も中京2勝で、連軸の資格は十分。

ウインムートは、栗東S、天保山Sとオープン特別を連勝。重賞となると、まだ足りない可能性もあるが、この馬はいつも展開に恵まれるところがあって侮れない。

休み明けの前走で人気を集めたドライヴナイトは、4着に敗退したことで人気急落。このケースが買いなのは、経験豊富な読者の皆さんは先刻承知だろう。ウインムートを行かせて、2番手からの競馬がベストとにらんでいるのだが。

他にもクセ者は多い。昨年のこのレースで3着したあと休んでいたブライトラインは、1年ぶりでも川田が騎乗してくるのだから、仕上がっていると読んでいい。