[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中京ダ千四は米国型のパワーが重要」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中京ダ千四は米国型のパワーが重要」

2018/07/05

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「中京ダ千四は米国型のパワーが重要」

5年前に出した単行本「血統ビーム黄金ガイド」に「エーピーインディ系はダートで単勝を買い続ければ儲かる」と書きましたが、昨年も父エーピーインディ系は単勝回収率109%とプラス収支。今年もダートに出走した父エーピーインディ系の単勝回収率は114%です(6月24日現在)。

何度も書いていますが、エーピーインディ系はダートの主流血統。日本のダート、特に短距離は、しかたなく芝血統が出走するケースも多いのですが、ダートの本場アメリカ血統のほうが強いのです。

そして、馬券を買う多くの人が、まだまだ血統を重視しないので、エーピーインディ系を買うだけで儲かってしまうのです。

今週末に行われるプロキオンSは、ダート1400メートル。やはりエーピーインディ系を買うだけで儲かってしまうレースです。

14年と15年に連覇したベストウォーリアは父エーピーインディ系。キングズガードは16年に3着、17年に5番人気で1着。これまでプロキオンSに出走したエーピーインディ系は、延べ5頭。うち4頭が馬券になっています。

今年出走を予定しているエーピーインディ系は、インカンテーション、キングズガード、ドライヴナイトの3頭。全て買ってもいいでしょう。

また、中京ダートは、プロキオンS以外でも父エーピーインディ系が好成績を残す競馬場です。

16年以降もダート1400メートル以下で父エーピーインディ系の単勝回収率が177%とプラス収支。人気馬も安定した成績を収めていて、単勝15倍以内に支持された馬の単勝回収率が182%。複勝回収率は115%です。

中京ダート1400メートル以下は、アメリカの主流血統であるエーピーインディ系が走る条件ですから、エーピーインディ系以外でも「アメリカ色」が強い血統が走る条件。父も母父も「米国型」の馬は単勝回収率139%。

また、米国血統が走りやすい条件は大型馬が走りやすい条件でもあります。500キロ以上馬も、単勝回収率98%と水準よりも大幅に優秀。プロキオンSに限らず、中京ダート1400メートル以下は「米国型のパワー」にこだわりましょう。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。