たかしょーのイっちゃって! 連載75 今週のテーマ「びんかんなビーチク」

AV女優

たかしょーのイっちゃって! 連載75 今週のテーマ「びんかんなビーチク」

2018/07/12

たかしょーのイっちゃって! 連載75 今週のテーマ「びんかんなビーチク」

乳首の愛撫って大事ですよね~‥‥なんて、突然の独り言スミマセン(笑)。

最新作「グラドルたかしょーの乳首をず~っとこねくり続けるとどうなってしまうのか。」(MOODYZ)の撮影で乳首を愛される重要性を体が覚えてしまったので、早くお伝えしたくて。

このお仕事を始める前は私、乳首は性感帯ではなかったんです。触られても舐められても「すんごく気持ちいい!」とまでは感じたことがありませんでした。おっぱいにさほど注意を払っていなかったのかもしれません。自分の乳首が陥没していることも気にしていなかったくらいですから。

その私が乳首の前戯〝だけ〟でイキまくってしまったのです。今までの性感帯は耳とアソコだったのに、乳首も性感帯に昇格したのです!

作品では「触る」「舐める」「吸う」以外に、専用のカップで乳首を吸引されました。カップの中にはシリコン製の柔らかいヒダがビッシリとついていて、スイッチを入れるとヒダが回転。クルクルと回りながら乳首をなでてくれるって仕組みです。

ヒダの動きを想像すると気持ちよさそうですが、最初は私、全然感じませんでした。なぜかというと陥没している乳首にヒダが届かなかったからです(笑)。

でも「くすぐったいな~」と思った瞬間に乳首がニョキッと突出。先端をヒダでこすられて、めっちゃ気持ちよかった‥‥!

乳首の愛撫ナシでの挿入でも私は感じるんです。だけど、乳首への前戯があってから挿れてもらうとでは、ノー愛撫の2倍は気持ちいい! 乳首でイクのはアソコでイクのとは違い、主に上半身が気持ちよくなる感じ。加えてアソコでもイカせてもらえると全身が快感に浸れるので、乳首の愛撫は「テッパン」だと体感しました(いつか私のパートナーとなる男性は、耳もお願いします)。

作品のタイトルになぞらえますが、乳首をず~っとこねくり続けるとどうなってしまうのか。ズバリ、自然とアソコがじんわりと湿ってモゾモゾしてきます。セックスしたくなっちゃうんです。アソコを触ってほしい気持ちを我慢できなくなり、思わず「挿れて‥‥!」と、おねだりしてしまいました。

過去の作品ではワキの下あたりから横乳にあるスペンス乳腺(正式な医学用語ではありません)を刺激されておっぱいの感度が上がったんです。スペンス乳腺はマッサージ的な愛撫で、乳首とは別の気持ちよさがあります。男性が両方できるようになったら、女性は悶えまくるかも!?

余談ですが、最近「たかしょー、本番中の実況が増えてない?」と聞かれまして。気づいてもらえてうれしい(笑)。実は意識的に増やしているんです、実況を。今何をされているか、状況を言葉でお知らせしたほうが、どれだけ気持ちいいかが伝わりやすいような気がして‥‥。

例えばクンニ。映像にはモザイクがかかるから、アソコだけを舐められているのか、アナルまで舐められているのか、わからないじゃないですか。だからこそ、「お尻の穴まで舐められてる‥‥」と実況すると、ユーザーさんの妄想も膨らむと思うんですよね。

今回は「乳首もマ○コもバカになっちゃうぅ~」とか「(乳首が)すごく硬くなってる‥‥」などと口にしています。実況もあわせてお楽しみくださいませ♡


◆プロフィール 高橋しょう子 1993年5月13日生まれ 161センチ、B87・W59・H86
16年のAV業界の祭典「AV OPEN」で7冠、「DMMアワード2017最優秀新人女優賞」受賞。写真集「Sho-Time!!」(徳間書店)が発売中。DMMアダルトアワード2018「優秀女優賞」受賞。世界のたかしょー「LA写真集プロジェクト」が目標額達成しました! 詳細はツイッター@TS_takasho


関連商品