[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ナイトオブナイツを頭から狙う」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ナイトオブナイツを頭から狙う」

2018/07/12

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ナイトオブナイツを頭から狙う」

関東地方の梅雨明けが7月を待たなかったのは史上初めて。ただでさえ暑い福島、中京の競馬は、初日から炎暑の中で行われることになった。

私たちが実感しているように、夏の訪れはどんどん前倒しされている。暑さランキングで間違いなく上位に入ってくる名古屋と福島で7月の競馬を開催するプランは、根本的に見直す時期にきているような気がするのだが。

その点、函館は安定の涼しさで競馬を迎えてくれている。北海道の中でも、晴れる日が特に少ない地域で、名物の夜景も雲に隠れて見えない日もあるが、涼しさを期待した観光客を裏切ることはめったにない。

わずか6週間の函館開催のラス前を彩るのが函館記念だ。いかにもGⅢというメンバーで、しかもハンデ戦。軸馬候補が五指に余る難解なレースだが、酷暑の中での競馬ではないので、どの馬もそれなりのコンディション。「なんでこんなに走らなかったの?」という競馬にはならないのがありがたい。出てきた馬はみんないい状態、という前提で予想を組み立てられるのは北海道だからこそだ。

人気になるのはスズカデヴィアスか。近況の充実ぶりと走破タイムの速さが、7歳にして力をつけてきていることを証明している。

ただし、ここは洋芝の函館。重馬場とはいえ、巴賞(芝1800メートル)の決着が1分49秒9もかかるのが最大の特徴なのだ。速い時計自慢はほどほどに。しかも、新潟大賞典勝ちの直後なのでハンデも背負う。押さえ程度にしておこう。

トリコロールブルーも人気の双璧。鳴尾記念3着はハンデに影響しないと読めば、スズカデヴィアスより斤量面で優位に立てる。巴賞2着のアストラエンブレムがここを回避した理由が、馬主(シルクレーシング)の都合と聞けば、トリコロールブルーとブラックバゴに勝負気配が浮かび上がるというものだ。

しかし、頭から買うのはナイトオブナイツ(池添兼厩舎)。ハービンジャー産駒の洋芝適性は定評があるが、この馬はまさにそれ。直前に降雨があれば、信頼度はさらに増す。

池添兼厩舎は、逃げるヤマカツライデンも函館巧者。上位独占もありえるか。