[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「函館2歳Sは『先行経験』が重要」

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「函館2歳Sは『先行経験』が重要」

2018/07/19

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「函館2歳Sは『先行経験』が重要」

函館2歳Sの出走馬の多くは芝1200メートルを勝ち上がってきます。そして、前走の走破タイムが比較対照のよりどころになるため、タイムのいい馬が人気になりやすいのです。

しかし、函館2歳Sは前走の走破タイムとレース結果には、それほど強い相関関係はありません。

重要なのは、前走の「先行経験」と「血統」です。

過去5年で馬券になった15頭中13頭が前走函館芝1200メートル組。馬券になった馬は全て前走3コーナーで5番手以内の経験があります。

そこで、前走の函館芝1200メートルを「3コーナー5番手以内」に「先行」していた馬を「持ちタイム1分10秒5以下」の速いグループと「持ちタイムが1分10秒6以上」の遅いグループの2つのグループに分けて分析した場合、「速いグループ」は複勝率37%、複勝回収率105%。「遅いグループ」は複勝率38%、複勝回収率197%となります。

走破タイムが「速い組」と「遅い組」では、的中率はほぼ同じ。「遅い組」のほうがタイムのぶん、人気が落ちるので、馬券的にはおいしい=回収率が上昇します。

また、血統も重要です。スピード、仕上がりの早さとダート1200メートル適性が問われやすいレースでもあり、米国血統が走りやすい傾向にあります。

過去5年の二桁人気で馬券になった4頭中3頭は父が「米国型」。14年に11番人気で2着したタケデンタイガー、16年に13番人気で3着したタイムトリップ、17年に12番人気で2着のウインジェルベーラの3頭は父が米国型です。

もう1頭の15年に10番人気で3着となったヒルダは母父が米国型ノーザンダンサー系のヨハネスブルグでした。

血統の国別分類はホームページで無料公開している出馬表(スマート出馬表)を参照してください。

アスターペガサスの父ジャイアンツコーズウェイは、米国型血統も母父も米国型血統のトリッピ。父は自身も2歳時にフランスの芝1400メートルGⅠレースを優勝。産駒も2歳GⅠで実績を残しています。洋芝適性、2歳戦適性、スプリント適性のいずれも優秀な種牡馬です。

トーセンオパールは、父が米国型のスウェプトオーヴァーボード。父フォーティナイナー系で昨年12番人気で2着したウインジェルベーラも同系です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)テレビ、専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。