ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.262 鶯谷・人妻デリヘル 清楚系なのにエッチ「スレンダー人妻41歳」がよつんばい姿でおねだり

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.262 鶯谷・人妻デリヘル 清楚系なのにエッチ「スレンダー人妻41歳」がよつんばい姿でおねだり

2019/08/01

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.262 鶯谷・人妻デリヘル 清楚系なのにエッチ「スレンダー人妻41歳」がよつんばい姿でおねだり

エリア最高級のコストパフォーマンスは60分1万円。お相手してくれる30代~40代の欲しがり妻は、セレブ風から妖艶熟女まで粒ぞろい。本物人妻による濃厚サービスの真実を求めて徹底捜査だ!


鶯谷・人妻デリヘル「見返り美人」(03-5808-0233/9時30分~翌4時/60分1万円~ ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと65分1万円の特別コースが楽しめる)からホテルに派遣されてきた松山さんは清楚なスレンダーボディの奥様で、高校生の娘さんがいるお母さんでもある。

穏やかな物腰にチャーミングな笑顔。そんなごく普通の奥様が、興味本位で風俗のお仕事を始めてしまったのだと。

「楽しいです。この間なんて、ワンルームマンションに呼ばれたので行くと21歳の大学生で。『えっ、どうしよう?』と思っちゃいました」
「40代になったら、なかなか、大学生のチ〇コは触れないですからね」
「そうなんです。私の年齢の半分だから、恥ずかしくなってしまって服が脱げなかったです」
「どうでしたか、若いチ〇コは?」
「なんだか熱気が違うんですよ(笑)。お口に入れていたら、つい自分を慰めていました(笑)」

見た目は清楚だが、中身はかなりエッチな奥様なのだ。23歳で結婚したあとは旦那さん一筋を貫いてきたが、2年前に初めての浮気を。相手は職場の後輩。7つ年下の彼と、東京ドームへ野球観戦デートをした。

「お酒飲みながら見ていたら、3回ぐらいから2人とも、なんかしたくなっちゃって。でも主人が帰るまでに家に戻らないといけないから」

旦那さんの帰宅時間は10時。すでに5回を過ぎ、ホテルへ行く時間はない。

「どうしようと思っていたら、彼が『そうだ、近くに観覧車がある』って」

確かにあるけれど、そういう使い方のためにあるものではない。

「それで観覧車に乗り込んだんです。夜だし、幸いにもお客さんが少ないから、4分の1ぐらいの高さまで上がったら、すぐ私が上に座って」

観覧車の所要時間は15分なので、制限時間は上半分にいる7分。それでイケるものなのか?

「イカなかったです。観覧車って案外速いんですよ。一生懸命弾んでいたんですけれど、そのうちだんだん下がってきて」

観覧車は昇り詰めたけれど、彼氏は昇り詰められなかったのだと。

「でもすごく興奮して‥‥あの時の私がいるから、今の私がいるんだと思います(笑)」

観覧車は、女の人生をも変えてしまうのだ。

服を脱いで華やかな赤い下着を外すと、とてもキレイな体が現れた。高校生のお嬢さんがいるとは思えない、釣り鐘型の美乳が実にすばらしい。

浴室で体を洗ってもらって、ベッドへ体を投げ出すと、松山さんの体、そして唇が重なってきた。なんとも言えない物欲しそうな表情でチュッ、チュッとキスを繰り返し、舌をこじれてくるしぐさがなまめかしい。

「最初にキスする時、すごく興奮しちゃうんです。その男性のことを何も知らないのに、唇を求めている自分に」
「お相手、もしかしたら逃亡者かもしれないもんね」
「そこに興奮するんです」

すると唐突に、こちらのへその中へと舌を押しつけてきた。

「おおぅ~」
「ふふふ、かわいい。おへその反応を見るのが大好きなの。胸、感じますか?」
「感じます」

松山さんは乳首に吸いつくと、シュルシュルとすすり音を立てながら、心地よい快感を送り込んでくる。さらに腰骨や膝周辺など、男性の感じる部分を的確に責めてきた。

「皆さんの様子を見ながら『ここ、感じるんだ』って勉強したんです」
「これなら皆さんから『上手だね』って褒めてもらえるでしょう」
「はい、中でも『アナルってこんなに感じるんだ』言わせるのが好きで。してもいいですか?」
「望むところです」
「脚、上げられます? そう、苦しくないですか?」

こちらがチンぐり返しの状態になると、松山さんがお尻全体に舌をはわせてから、すぼまりを舌でコチョコチョと刺激してきた。

「あ~っ」
「女のコみたいな声を上げている(笑)。オ〇ンチンも大きくなって、興奮してきちゃう~」
「すごい。こんなこと、旦那さんにもしちゃうんですか?」
「触ったこともないです」

指先でみなぎりを確認すると、まずタマから舌をはわせた。その柔らかな感触や巧みな舌遣いに、思わずため息が漏れる。

裏筋、袋に快感を送り込んでから、ゆっくりと深くくわえるフェラ。温かい口で包み込むと、まろやかに唇を滑らせながら、時折、舌で裏スジをレロレロと刺激してくる。

「気持ちいい、上手だ~」
「20歳の時、友達に誘われてピンサロの面接に行ったことがあるんです。知らなかったので現場を見せてもらったら、女性がオ〇ンチンを次から次へと口に入れて処理しているから『無理、無理』と逃げてきて」
「青春の1ページだね」

ここで攻守を交代。上になって柔らかな乳房をまさぐり、乳首をコリコリと責めたあと、漆黒のヘアに縁取られたプニュプニュした肉ビラにしゃぶりつく。

舐めてすすって指を入れると、すぐに喜びの声を上げだした。

「あ~ん、感じちゃう~」

ウネウネとしたアソコは入り口がきつく、中も狭い。いい感じに潤んできたのでここでバイブの出番だ。

「もう、入れちゃっていいですか?」
「欲しいです」
「案外太いかも」
「ゴムして、たっぷりローションをつけてくれれば‥‥独身時代、本当に大きくて女性から『これじゃ結婚は無理』と言われていた方のを、入れたことがあるんです」
「気持ちよかった?」
「いえ、早かったのでなんとか。『これ、長く入れられるのは無理~、もう終わった~、よかった~』って感じでした。1回だけで十分です」

いやいや、そこまでは大きくないので、ご安心を。

いやらしく濡れ開いた人妻の柔肉の重なりに先端を押し当てると、ヌルッと奥へと潜り込んだ。

「あ~ん、入った~」

抽送を繰り返すと、すぐに動きは滑らかになって、いやらしい濡れ音が部屋の中に響きだす。

「すごい。奥に当たっている~、気持ちいい~。癖になりそう~、後ろからもしてほしい~」

みずからよつんばいになるとこちらへとお尻を差し出す松山さん。ポカンと開いたほの暗い穴は軽々とバイブの根元まで飲み込んでリズミカルな責めたてに、鋭いアエギ声を上げながらシーツを強く握りしめた。

「あっ、イク、イク~、オ〇ンコ、オ〇ンコ気持ちいい~」

そのまま、ドサリと崩れ落ちた。

「まさかカメラで撮られながら、本当にイッちゃうとは思わなかったです‥‥」

再び奉仕を繰り返し、最後は騎乗位素股でフィニッシュさせていただいた。


○チェックポイント
超リーズナブルな価格で人妻エロスの醍醐味、優しさ、色香、快楽を存分に満喫させていただいた。清楚なムードから妖艶な姿に変身する、奥様たちの好奇心旺盛なスケベさにあふれた濃厚サービスは、一度味わってしまうと癖になること間違いなし。今後何度も足を運ぶことになりそうだ。

松山(41)T155、B89(D)・W57・H85
自然な距離感、笑顔、かわいらしい雰囲気がすてきな清楚系スレンダー奥様。エッチなことには好奇心旺盛で尽くし系サービスに定評ありだ。


見返り美人

見返り美人 (鶯谷発~都内23区)