ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.302 鶯谷・韓国デリヘル 極上巨乳と久々の再会「バツイチFカップ24歳」と日韓濃厚接触プレイ

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.302 鶯谷・韓国デリヘル 極上巨乳と久々の再会「バツイチFカップ24歳」と日韓濃厚接触プレイ

2020/05/28

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.302 鶯谷・韓国デリヘル 極上巨乳と久々の再会「バツイチFカップ24歳」と日韓濃厚接触プレイ

風俗激戦区である東京・鶯谷に存在する高級人妻と出会える韓国デリヘルクラブ。韓国人妻ならではの、熱く燃え上がるような濃厚なサービスが評判だという。極上の癒やしとエロスを求めて調査開始!


「久しぶり、元気だった? 私のこと覚えてる?」
「そのエロエロなゴージャスボディ、忘れるわけがないじゃないですか(笑)」

鶯谷・外国人デリヘル「人妻の誘惑」(080-6253-9154/9時〜ラスト/80分2万円〜 ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと85分1万8000円の特別コースが楽しめる)から派遣されてきたのは、以前に一度お相手をしてもらったことのあるFカップ美女・きみこさん。極上巨乳が圧倒的な存在感を放つ、明るく元気な女性だ。

「コロナの影響は?」
「たくさんあるよ。いちばん大きいのは、韓国の総選挙で与党が圧勝したことね」

そっちの話か。

「あれ、コロナが原因だから。野党が『コロナ対策できてない』って文句言ったら、与党が本気で動いて、1週間後に信じられないくらい収まった」

一日1000人いた感染者が一気に20人くらいになったのだという。

「コロナは、今までのウイルスより賢いの。熱が出る前のほうが感染率は高い。韓国、それがわかったから、熱がなくても誰に感染しているか調べて、無症状でも隔離した」

検査機器の充実などを早めに打ち出した感染拡大防止対策が、国民に評価されたのだという。

「でも、また増える可能性あるけどね。今年中にワクチンできないと、このお仕事にもずっと影響するよ」

きみこさんも、2週間ほど休んだが、行く場所がないし、長引きそうなので復帰した。

「結局、会っている人の数は、休んでいる時より、こうやって働いている時のほうが少ないの。だったら、早く借金返さないと」

バツイチのきみこさん。離婚の原因は、日本人の旦那さんのギャンブル。その借金を背負うことを条件に離婚した。

「だから、お酒やめたの。せっかく離婚したのに、一杯飲むと、寂しくて電話しちゃうから。『私が返すから別れてよ』って言ったのに、また戻ってしまうからね」

まるで演歌の世界だ。そんな話を聞きながらパンツを脱がせてもらうと、ニコッと笑った。

「懐かしいね、このオ〇ンチン(笑)」

きみこさんがワンピースを脱ぐと、視線を惑わす美しいフォルムのFカップ巨乳と、しなやかな腰周り。そして悩ましいヒップラインが今も健在だった。

「私のオ〇ンコも、懐かしいか?」
「うん、懐かしい(笑)」


浴室で体を洗ってくれたあと、オッパイを背中に密着させながら、首筋から肩、腕をマッサージしてくれる。これが本格的で実に気持ちいい。一段落すると、思わず振り向き、その抱き心地のよいボディをまさぐった。

「あ~ん、もうク〇トリス、くるか~、気持ちいいよ‥‥あなたも筋肉ついてるね、テレワーク?」

何のこと?

「サラリーマンのお客さん、ムキムキが多くなった。みんな家にいて、ヒマで筋トレしているから」

そういうことか。

「そう、テレワーク、ウイルスにかかんなかったら、よいことばっかりだって。働かなくてお金もらえるから。本当にヒマみたいで一日何回もメールが来るよ」

全員がそうではないだろうが、働き方改革を推奨している方たちに、ちょっと聞かせてやりたい。

ベッドに戻ると、思わぬ提案を口にした。

「オナニー、見る?」
「‥‥うん?」
「コロナ怖い人は『見るだけでいい』って言うの」
「コロナ対策?」
「そう、でも結局、我慢できない。だからこれ、新しい前戯(笑)」

あおむけになったきみこさんが、小山のようなオッパイを握りしめながら、眉間にシワを寄せる。やがて下半身に手をのばし、その指先がワレメの先端、包皮に隠れた敏感な部分をとらえた。

「ああ~っ、これが、気持ちいいの‥‥」
「やっぱりクリ、転がすのね。日本人も一緒。オナニーに国境はないんだなぁ」
「日本と韓国、仲よくやりましょう~」

甘い吐息とともに愛液がしみ出し、クチャクチャと音が響き始める。そんなのを見ていたら、我慢できるはずがない。思わず、揺れる乳房にしゃぶりつき、とがり勃つ乳首を口に含んだ。

「オ〇ンコもいじって~」

きみこさんのアソコは、ビラビラが上に向かっている上広がり型で、指を押し当てるだけでヌチャッと開き、濡れ光り、妖しく息づく真紅の肉襞があらわに。

「指入れますよ‥‥狭いけど、スムーズに付け根まで潜り込んでいく~」

バツイチ人妻のほてったヌルヌルの感触を楽しませてもらったあと、クンニをしたら無味無臭だった。

「私、辛いの苦手だから」

なるほど、そういうものか。ここでバイブ。

「これだけ濡れていたら、入れても大丈夫ですね?」
「優しくね‥‥そう、おう~、あっ、これ気持ちいい~、後ろからもして~」

みずから桃の実のようなヒップを差し出した、きみこさん。ヌメッと濡れ光る肉扉の奥へと滑り込ませる。

「そう、それ感じる、気持ちいい~、あなた、リズム感がいい~」

シーツを握りしめながら、あっさりとエクスタシーに達した。

「気持ちいいの、入れるから、私が先にイッちゃったよ」

一息つくと、肉感ボディを重ねるようにしての全身リップ。首から乳首、腹部、下腹部へと舌をはわせて、爪先でペ〇スの根元や袋をいやらしく刺激してくる。

「これが私の一番人気よ」

上になったままのパイズリ。膨れ上がったモノを、ブルンと揺れ下がる乳房で挟んで、柔らかく包み込んだり、コリコリした乳首で先っぽをすりたてる。

「とても硬くなったよ」

尿道を舌でチロチロと刺激し、カリ裏、裏筋を丹念に舐め上げたあと、深くほおばり、ネットリとしゃぶりたてた。

「ああ~っ、あなたのオ〇ンチン、匂いと形が別れた旦那さんに似てるよ」
「それは光栄なことで」

69の体勢になり、互いを愛撫したあと、フィニッシュの騎乗位素股に。なまめかしい声を漏らしながら、リズミカルに腰を揺すりだす、きみこさん。

「これ、これ、これがいいの~、気持ちいいね、いっぱい感じるよ~」

熱くみなぎったモノを、クリに押し潰すように当てて、体をくねらせる。

「そんなに強くしないで~、マズイ‥‥これ、ダメだ、もう出ちゃう~」
「あらあら、こんなにためてちゃ、体に毒よ」

聞けば、力強い腰の動きは、かつて乗馬で鍛えたという。道理で最高なはずである。

「実は、日本プラス韓国は合うのよ。だから、すき焼きにも、すき焼きのタレとプルコギのタレを合わせてみると、すごくおいしい。食べたら、きっと私のこと、思い出すよ(笑)」

きみこさんが言うとおり、まさにすき焼きとプルコギのタレをミックスさせたかのような濃厚なプレイをおいしく堪能できたので、たいへん満足であった。


○チェックポイント
肉感的なボディや、濃厚なサービスもさることながら、きよこさんの好奇心旺盛な性格から生み出される多彩な会話が楽しかった。この会話のはずみ、日本の女性以上かもしれない。国や言葉の壁を越えて、エロくて充実した時間を過ごせるのも、韓国人デリヘルならではの醍醐味であろう。

きみこ(24)T168、B97(F)・W59・H90
極上のルックスだけでなく、常に笑顔の明るい性格で人気ランキング第1位。お話し好きで丁寧な対応は韓デリ初体験の方にもお勧めなのだ。


人妻の誘惑

人妻の誘惑 (鶯谷発 ~ 東京23)