ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.321 池袋・SMクラブ 濡れすぎる真正M女!「現役大学院生25歳」がバイブ2本差しで激イキ

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.321 池袋・SMクラブ 濡れすぎる真正M女!「現役大学院生25歳」がバイブ2本差しで激イキ

2020/10/22

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.321 池袋・SMクラブ 濡れすぎる真正M女!「現役大学院生25歳」がバイブ2本差しで激イキ

本物のマゾ女性のみを厳選採用した本格派SM店がオープン。ソフトなプレイからハードなものまで、ハイクオリティなキャストと一緒に、自分好みの「SM道」を発見できるというので捜査開始!


池袋・SMクラブ「シックスセンス」(03-5962-0659/9時〜LAST/80分2万2000円〜*下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うとSコース100分3万1000円、入会金・予約指名料無料の特別コースが楽しめる)で人気No.1、ロリカワ最強のM女がここさん。なんと現役の大学院生であり、コロナの影響でパソコンを使った遠隔授業だけになったのを機に入店。SMについては中学生の頃から興味を持っていたため、高2の初体験時におねだりしてみたものの、応じてくれなかった。

「そのあとにつきあった人も『乳首つねってお尻も叩いてほしい』と言うと、必ず『できない』と引かれて、結局、別れちゃうんです」

結果、その性癖を満たすため、大学入学とともにSMバーのM女となった。

「どういう仕事?」
「ショーがあって、女王様やマスターがM女ちゃんをいじめるんです」
「みんなの前でいじめられて感じちゃうの?」
「感じちゃいますよね、特に‥‥」

特に?

「これ言っちゃっていいのかな‥‥。ふだんは全裸NGなんですけど、会員様だけの時はパンツも脱がされて、その瞬間が特に‥‥」
「熱い視線を感じる?」
「お客さん全員の視線をアソコに感じて‥‥ムチで叩かれると、オナニー後のオ〇ンコみたいにだらしなく開いているのがわかるから、周りから見られていると思うと‥‥」

バッグの中から電マ、ローターらを取出し、テーブルに並べたあと、床に正座をして、あらためてご挨拶。

「ここです。ご主人様、調教よろしくお願いいたします」

丁寧に服を脱がされ、全裸になったここさんに導かれ浴室へ。カラダを洗ってもらいながら、妖しい指遣いで快楽のポイントを心地よく刺激され、そのあとベッドへ。ハードも得意だというが、今回はソフト路線でお願いする。

「舐められて嫌なとこありますか」
「まったくないです」
「うれしい~」

ご奉仕が始まると、まずは足の指を1本ずつ口に含み、いやらしく舐めしゃぶってくれる。そのネットリ感、まるで指をアソコに入れているみたいだ。

「では、実際に入れてみますか」
「そんなことしたら、バチがあたります」

足の裏から脚の付け根、胸元まで丹念に気持ちよくさせてくれたあと、ワキの下に顔を近づけ、スースー鼻音を鳴らしている。

「えっ、ワキの匂い、嗅いでるの?」
「匂いフェチなんです。毛に染み込んだ汗の匂い、これ、興奮します‥‥」

嗅いだだけでなく、いとおしげに舌でワキ毛を舐め伸ばし、へその穴にもこじ入れてきた。

「おっ、おお~っ、そんなところ汚いよ~」
「嫌いですか。でも、オ〇ンチン、ピクピクしていますよ(笑)」

その喜々とした笑顔を目にしたら、これが真性M女かと納得。心地よいくすぐったさに、膨らみ始めていたものが一気に硬くなる。すると貪るようなキスから首筋、耳へ丹念に舌をはわせたあと、とがらせた舌でチロチロと裏筋を刺激し、袋をすすってくれた。

「タマタマ、とても柔らかくて、いいカタチ‥‥どうされたいですか」
「歯を立てられると‥‥」
「だと思いました(笑)」

ここがSMクラブならではの高等テクニック。乳首をつまみながら、歯で優しく転がしまくる。

「ああ~っ、もう、しゃぶって‥‥」

うなずくと何度も舐め上げてから唇をかぶせ、緩やかに首を揺する。唾液もダラダラ垂らしてくれて、とても気持ちいいフェラにもう限界となり、交代した。

「全て受け入れられますので、ご自由にいじめてください」

コリコリした乳首をいじると、すぐに甘いうめき声が漏れ、手を伸ばすとすでにアソコは濡れ濡れ。深く中指をのみ込んだ。

「ご主人様、乳首つねってください~。そう、きつく乱暴にされると気持ちよくなっちゃう~お尻も叩いてください~」

みずからよつんばいになり、高々とお尻を差し出した。この展開、高校生の彼氏なら確かに引くだろう。

「もっと叩いて、もっと強く‥‥そう、ビシ、ビシッていう音、子宮に響くんです~」
「バイブどうしよう?」
「‥‥このまま後ろから入れてください」

淫らに濡れ開いたいびつな肉ビラの奥で、ヒクヒクうごめいている狭穴。図太い先端を押し当てるとゆっくり飲み込んでいく。

「ああっ、叩かれたあとって、すぐ奥まで入っちゃう~」

出し入れを始めると、最初は声を押し殺していたが、徐々に大きなアエギ声を部屋に響かせた。

「気持ちいいです~お尻にも入れてください~」

可憐なお尻の穴をローションで濡らし、細身のアナルバイブをスッと潜らせて2本差し。ともに出し入れを繰り返すと、2分もかからずイッてしまった。

「ああ~っ。お尻の穴、オ〇ンチンでイキたかった‥‥お返しに、ご主人様のペロペロしてもいいですか」

そう言われたので、ここさんに求められるまま尻を差し出す。

「もっとお尻を上げてください‥‥あ~っ全部丸見えです~」

睾丸、アナル、チ〇チンの周辺へサワサワする指遣いを駆け巡らせてくる。さらに、アナルに舌を潜り込ませてきたので、甘美な陶酔に浸ってしまった。

「エロいですね。お尻も感じて、いやらしい~オ〇ンチンがビンビン。でもM女の私が責めちゃって本当にいいんですか」
「いいんです、責任は私が負いますので」
「うれしい~」

あおむけにされ、舌だけでなく指も入れてきた。

「スルッと入った‥‥ご主人様、お尻が締めつけてきます~」

左手で乳首をつまみ、フェラを繰り返しながら右手の中指を潜らせ、前立腺を巧みに刺激してくる。いわゆる三所責めである。思わぬ大技に、たまらず放出してしまった。

そして、ここさんはお掃除フェラのご奉仕もしっかりとしてくれた。しかしそのあと、妙にソワソワした様子で、なぜか浴室に誘ってくる。

「‥‥私、叩かれたり、見せたりするのはまったく平気なんですよ。でも唯一、放尿がダメで‥‥」
「でも放尿するために、あらかじめお水いっぱい飲んできたんでしょう」
「‥‥だから、もう限界なんです‥‥」

どこか慌ただしくしていたのは、そういうことか。浴室にしゃがみ込むと同時に、激しい噴出音が浴室に響き渡った。

「いや~、カメラで撮られてる~。超恥ずかしい~」
「大学院生のおしっこ、けっこう出るもんですね」
「出ちゃいました。あ~ん、証拠隠滅させてくださ~い」

赤面しながら、慌ててシャワーで匂いとたまった尿を洗い流す姿は、この日最高にかわいらしかった。次はここさんと、もっとハードなプレイもぜひ楽しんでみたい。


○チェックポイント
ここさんの従順さとエロさ、そして高度なテクニックに感動。さすが超人気嬢である。真性M女相手に、今回はライト感覚のSMプレイを楽しませてもらったが、もちろん希望があればロウソクを使う上級者まですばらしい対応もしてくれる。秘めた性癖を完全に解放したい人におすすめだ。

ここ(25)T151、B86(D)・W58・H88
趣味はSMグッズ集め、将来の夢はSMクラブのオーナー。緊縛されるだけでなく、緊縛してあげることにも勉強熱心な、真性M女。


6 SENCE -シックスセンス-

6 SENCE -シックスセンス- (東京都池袋(豊島区))