ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.337 鶯谷・デリヘル お尻&タマタマを本気噛み「ドスケベ美熟女40歳」のマザコンプレイに昇天

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.337 鶯谷・デリヘル お尻&タマタマを本気噛み「ドスケベ美熟女40歳」のマザコンプレイに昇天

2021/02/18

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.337 鶯谷・デリヘル お尻&タマタマを本気噛み「ドスケベ美熟女40歳」のマザコンプレイに昇天

即尺、オナニー鑑賞、写真撮影などがすべて無料。容姿端麗な30代、40代のセレブ系人妻が、フェチシズム溢れる濃厚なひとときを体感させてくれる人妻専門店が鶯谷に。淫らな人妻を捜査開始だ!


鶯谷・人妻デリヘル「愛ラブ愛」(03-3876-8828/7時〜LAST/60分1万5000円〜※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと80分1万4000円【ご新規様限定】の特別コースが楽しめる)から派遣されてきたのは、小柄でスリムな深沢さん。品のある顔だちの奥様で、本紙グラビア「隣の家の淫ら妻」にも出演経験があるのだという。

「綺麗な自分を残しておきたかったので。今も保存しています。楽しくて、いい記念になりました」
「読者のオカズになった気分はどうでした?」
「想像したら、自分でもシテいました(笑)。それが風俗に興味を持つきっかけになったのかも」

深沢さんは結婚20年目。年上の旦那さんとは、今も最低週1回はエッチをしているが、風俗のことはまったく気づかれていない。

「バレるのは、技を出すからですよ」

職業柄、ついサービス精神が出ちゃう?

「そう、それまでしたことないのに突然タマを舐めたりしたら、不審に思われます。風俗妻は『言われたことしかやらない』が鉄則なんです」

それが業界の掟。言われなくてもやるのは、接客だけでいいのだ。

深沢さんの初めての風俗は5年前で、勤務地は大塚。カルチャーショックを受けたのは、女性モノの下着を着けてくるお客さんが異常に多く存在したこと。

「鶯谷より格段に多いんです。ノーマルな性癖の男性としか交際経験がなかったので。それが何を意味しているのか、わからなかった」

その際は、お客さんがブラとパンティだけの姿になったら「え~っ」って大げさに驚いてあげるのが業界のルール。

「そうなんですけど、慣れてくると『この人もか』となるじゃないですか。そんな反応をすると『もう1回やってくれる?』と言われ、部屋の外に出されるんです」

部屋のチャイムを鳴らすところから、やり直しをさせられた。

「服を着直したお客さんに、『初めまして』と挨拶して、下着姿になったら『えっ、どうしたんですか~』って驚いて」

それで、その後のプレイが円滑になることを知った。

「でも、まだ驚き方が足りなくて『テイク3』と言われたこともあります」

なので、出川哲朗を見てリアクションの勉強をしたというから、風俗で働くのには、人知れぬ努力が求められるのだ。

「大塚は女装で待っている方も多くて、AKB48 の衣装でプレイし、終わるとそれをアタッシェケースに詰めスーツ姿で帰っていく。そこだけ『ゴルゴ13』みたいなんです」
「『俺の背後に立つな』って言われなかった?」
「いえ、背後からのアナル責めでは勃ってたけど」

遅咲きの風俗デビューは、見るもの聞くもの新鮮だったのだ。

白のワンピースを脱ぎ、華やかな紫のランジェリーを外し、妖艶なボディを露わにする深沢さん。カタチのいいおっぱいと、ブラウンヘアに覆われたアソコが刺激的だ。とても明るい性格、話好きなので、浴室でカラダを洗ってもらいながらも、興味深い体験話が止まらない。

「風俗のお客さんは、意外にお医者さんや学校の先生が多いんですよ。お会いして3回目くらいで『実は‥‥』って言いだされて」

それはよく聞く。セクハラ言動に敏感な職場では、満たされていない目つきだけでも、トラブルになりやすく、定期的にヌカないと危ないのだ。

「大塚の時は、働いている女性にも小学校の先生がいましたよ。楚々としたオンナのコで、彼氏がいたのに」
「なのに、なぜ?」
「学校の先生だって、思いっ切りオ〇ンチンしゃぶりたいんですよ。でも彼氏が校長先生の紹介だったらしく、そんな状況じゃ性癖も解放できないじゃないですか」

それで破談になったら、学校にいられなくなる。

「だから、現代版のロミオとジュリエットみたいなもんですよね」

それは、ちょっと違うと思うが‥‥。

ベッドへ転がると、深沢さんが重なってきて、唇を求めてきた。

「取材って、オ〇ンチン舐めてもいいの?」
「もちろんです」

すると巧みな舌遣いで全身を刺激した後、まずタマから舌を這わせた。そのやわらかな感触、巧みな舌遣いに、思わずため息がもれる。

「付け根が感じやすいんですね。よければ、タマタマ噛み噛みしますが」
「お願いします‥‥あ~、これ、感じる~」
「じゃ、お尻も噛み噛みしましょうか」
「ん?」

すると、無料オプションで頭をなでてくれた。人気のマザコンプレイの一環だという。

「僕、いい子だから、後ろ向いて」

よつんばいになると、背中からお尻を心地よく舐めまわしてくれた後、突然、お尻の肉をガブリと齧られた。

「おおっ、これは‥‥」
「マザコンの人ってママにお尻を噛まれると、とても感じるんですって」

なぜだ? だが、確かに悪くない。

「もっと、チカラを込めても大丈夫です‥‥おっ、感じる~。未知の快感だ~」

一段落すると、裏筋、袋に快感を送り込んでから、ゆっくりと深く咥えるフェラ。温かい口で根本まで包み、まろやかに唇を滑らせながら、ときおり舌で裏スジをレロレロ刺激してくる。

「もう、出ちゃいそう‥‥交代しましょう」

張りのある乳房をまさぐり、乳首をコリコリと責めた後、プニュプニュした肉びらにしゃぶりつく。舐めて、啜って、指を入れると、濡れ濡れになって悦びの声を上げだした。

「指が温かいのがいやらしくて、気持ちいい~」
「若々しいオ〇ンコですね」
「子供産んでないから‥‥スマホで写真撮ってもいいのよ、無料だから」

記念撮影を終えると、バイブの出番。取材ということで了承してもらっている。

「これだけ濡れてれば‥‥では、入れますよ」
「あっ、入ってくる‥‥凄い、何これ、気持ちいい~」
「よく言われます」
「ああっ~、後ろからもするの? いいわよ‥‥チ〇チン、グリグリ~、そんなに動かしたら、気持ちよくなっちゃう~」
「イッてください」
「そこ、そこが気持ちいい~、凄いよ~、イヤっ~」

すると、照れ笑いを浮かべた深沢さんが、熱く漲ったモノを一心不乱にむさぼってくれる。

「美味しい~、うんぐ、うんぐ‥‥あら、出ちゃった‥‥これ、健康な精子ですね(笑)」
「わかるんですか」
「舌の上で動いています」

そんなわけは。

「金時人参をジュースにして飲めば、もっと凄いことになりますよ」

とてもいい話を聞いた。ぜひ、試してみたい。


○チェックポイント
プレイそのものだけでなく、ふとした会話から、思いもしなかった人生の年輪に触れられるのも風俗の醍醐味。それを踏まえれば、どんな風俗でも楽しめるのだが、とりわけ今回は、濃厚で充実したひとときを過ごせた。改めて、人妻風俗専門店の奥は深いと感じたのだった。

深沢(40)T150、B85(C)・W60・H85
品のある顔だちと、スケベさのギャップが魅力の奥様。話し上手でボディテクニックも秀逸なので、フルタイムで楽しませてくれる。


特選風活プラン

80 14,000

ご新規様限定80分コース、アサ芸風俗限定で終日6,000円割引。

当店の風活プランアピールポイント!!
愛ラブ愛

愛ラブ愛 (鶯谷発~23区)