ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.404 鶯谷・韓国デリヘル バツイチ妻と夜の国際交流!Fカップ・人気No.1美女のぷにぷにパイズリに大興奮

ふーぞく探偵

ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.404 鶯谷・韓国デリヘル バツイチ妻と夜の国際交流!Fカップ・人気No.1美女のぷにぷにパイズリに大興奮

2022/06/30

ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.404 鶯谷・韓国デリヘル バツイチ妻と夜の国際交流!Fカップ・人気No.1美女のぷにぷにパイズリに大興奮

清潔感あふれたキレイなルックスに、洗練された大人の色気。日本人人妻とは一味違うエロスを楽しめる韓国人妻専門店が話題に。その淫乱ぶりを容赦なく堪能させてくれるというので捜査だ。


「美しいフォルムのFカップ巨乳、しなやかな腰まわり、悩ましいヒップライン。誰をも魅了する官能的なボディと、気さくな明るい性格で、人気No.1のオススメです」

鶯谷・韓国デリヘル「人妻クラブASTAR〜エイスター」(080-6589-9876/10時〜LAST/80分2万円〜 ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと85分1万9500円の特別コースが楽しめる)のスタッフが絶賛した、ゆずこさん。その言葉通り、部屋に到着すると全身から大人の色香を漂わせ、しゃぶりつきたくなるムッチリ肉感ボディが圧倒的な存在感を誇示していた。

「あれっ? あなたと別のお店にいた時に会っているよ」
「いつ?」
「コロナ前‥‥」

思い出した。日本人と結婚したことがあるというバツイチさんだ。

「あの後、旅行会社に就職して、韓国人旅行客をアテンドしていたよ。今もお休みは毎週高尾山に登って、厳かな霊気で開運しているね」

ブランド品は韓国でも買えるため、旅行客を銀座ではなく、上野アメ横や日暮里らの古めかしい商店街に案内していたという。

「でもコロナで観光客ゼロになり、韓国に戻った。けど、また今年日本に来て、この店に入った」

韓国では仕事が見つからなかった。

「だって、韓国の自営業、コロナで全部潰れた。初期にムン・ジェインの対策が褒められたけど、意味なかった。日本の対策緩かったけど、結果的によかったと思うよ」

現在、コロナ対策について語った著書が大顰蹙を買いまくっている西村康稔議員の味方が、意外なところに存在した。

当時、日本でスキンケアのエステ店を持つ予定だと言っていたが‥‥。

「株で大損したよ。だから今、猫と二人暮らし」

自宅で撮った猫の動画を見せてくれる。

「クールでカッコいいでしょう。サイベリアンというロシアの猫。名前、なんだと思う?」
「‥‥プーチン?」
「なんでよ。猫は悪いことしないよ。毛もいっぱい生えている‥‥ハニーよ」

ハチミツ?

「ハニーは、ゆずこさんのハニーを舐めたりするの?」
「‥‥どういう意味?」
「なんでもないです」

確かにバター犬は聞いたことあるが、バター猫は聞いたことがない。

薄手のジャケットを脱ぎ、タイトなワンピース姿になると、艶めかしいフェロモンボディがクッキリ浮き上がる。明らかに下着を付けていない。

「いつもノーブラ、ノーパン。アメリカでは当たり前ね」

だが、撮影は下着姿までならOKと聞いていた。

「だったら、シャワー浴びてからエッチなボディスーツに着替える」

ワンピースの肩ひもを下げると、巨大な乳房が弾むように飛び出した。その見事なフォルムに、思わず口元が緩む。

「相変わらず、素晴らしいおっぱいですね」
「そうよ。朝昼、食べない16時間断食やっているから。でもやせないね。けど、アソコの締まりがよくなった」

そこは後ほど確認。ワンピースを全部脱いだら、パイパンでキレイな一本線が刻まれていて、むっちり熟成したお尻がまた素晴らしい。

「見ているだけじゃなくて、あなたもオ〇ンチン出してよ」

パンツを脱ぐと、ゆずこさんがひざまずき、そっと手に乗せた。

「これ、3年ぶりの再会だ。元気にしていた?」

ニコッと笑みを浮かべ、その場で躊躇なく口に含んでくれる。ねっとりとした巧みな舌遣いにたちまちみなぎってきた。

「ホント、元気にしていたね」

浴室でカラダを洗ってもらった後、ベッドでは先に責めた。豊かな胸の膨らみに顔を埋め、擦り付けながらプリプリ感触を楽しませてもらう。

「これ、私も気持ちいいよ~」
「みんな、やるでしょう?」
「だけど、日本人はおっぱいの間に、顔よりオ〇ンチン挟みたがる人が多い。だから、今日もいっぱい挟んだ」

若干複雑な気分になったが、かまわず尖り勃つ乳首にしゃぶりつき、下に手を伸ばす。指先が敏感な部分を捉えると、それまでの甘い吐息が喘ぎ声に変わっていく。さらに、ヌルヌルが滲んできた。

「感じてくるとアソコのフタが開いちゃうよ」
「どれどれ‥‥これだけのカラダをしているのにオ〇ンコ小さいね」
「中も小さいよ」

指を潜らせると、柔肉がミッチリ詰まっているような感触で、確かな名器ぶりを実感。

「あ~ん、感じるよ。もっと感じたいよ~」

ならばと、ここでバイブ投入。正常位の体勢でプヨプヨした肉ビラの狭間にあてがい、慎重にチカラを込めていく。

「おっ、おぅ‥‥凄い、これ、いい‥‥」

眉間にシワを寄せ、うめき声を上げながら、ジワジワと呑み込んでいく。

「あっ、ゆっくり動かして」

小刻みな出し入れを繰り返す。徐々に狭穴が広がり、肉ビラを伸び縮みさせながら、根元まで咥え込んだ。

「後ろからもシてみて~」

よつんばいになったゆずこさんの巨大桃尻を抱え、激しく抽送を繰り返すと、シーツを搔きむしりながら歓喜の声を上げ続ける。

「いい、いい。気持ちいい~。もっと~。あっ‥‥イク、イク、イク~」

そのまま脱力し、まるで巨象が崩れ落ちるようにベッドへ伏した。バツイチ韓国妻の見事なイキっぷりには感動してしまう。

「前回もこんな感じで、イッてましたよね?」
「そうよ。波長が合うと本気で気持ちよくなっちゃう。今度は私が気持ちよくしてあげる」

カラダを起こし、唇を貪りながら重なってくると、韓国産おっぱいの重さに再びみなぎってくる。

「あなた、勃ったり、萎んだり、忙しいね」

首筋から胸元に舌を這わせ、乳首を啜ってから全身リップ。カリ裏、裏筋、袋を丹念に舐め上げたあと、柔らかな唇で包み込み、リズミカルに首を振り出した。

「やっぱり、韓国妻のフェラは違いますね」
「そうよ。韓国のオトコ、自分では奉仕しないでフェラばっかりさせるから、上手になるね」

舐めて、頰張り、吸う、を何度も繰り返されたあとに、最後は素股のバリエーションで心地よく放出させていただいた。

「あなたのオ〇ンチン、私好きよ。だから、また会おうね」
「ゆずこさんは最近、恋愛してないの?」
「しないよ。猫がいるから、必要ない」
「プーチンでいいの?」
「ハニーよ。プーチンが、隣で寝ていたら‥‥」
「なに?」
「オナニーできないよ」


○チェックポイント
Fカップの魅惑のボディ、極上ルックスだけではなく、明るい性格、奉仕好きな韓国人妻の魅力を存分に楽しめた。バツイチ奥様だからなのか、オ〇ンチンが大好物らしく自らも熱く燃え上がろうとする姿勢もうれしい。夜のエロガイドをしてもらいたい人にぜひオススメだ。

ゆずこ(26)T168、B96(F)・W59・H90
ガイドをしていたので日本文化にも詳しい。その癒やしの言葉と圧巻ボディに誰もが大満足。故に本指名客も1日3人限定での接客だという。


特選風活プラン

85 19,500

鶯谷限定!フリーのお客様♪
※お試しコース(鶯谷限定)

80分 20,000円⇒85分 19,500円!

当店の風活プランアピールポイント!!
人妻クラブASTAR~エイスター

人妻クラブASTAR~エイスター (鶯谷発~23区)