ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.432 鶯谷・人妻デリヘル 旦那には見せられない秘姿 妖艶Cカップ四十路妻が浴槽に足を掛けて聖水噴射!

ふーぞく探偵

ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.432 鶯谷・人妻デリヘル 旦那には見せられない秘姿 妖艶Cカップ四十路妻が浴槽に足を掛けて聖水噴射!

2023/01/26

ふ〜ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.432 鶯谷・人妻デリヘル 旦那には見せられない秘姿 妖艶Cカップ四十路妻が浴槽に足を掛けて聖水噴射!

柘榴(ざくろ)の花言葉は〝円熟した優雅さ〟。柘榴のように甘美な魅力で煌めく人妻、美熟女を集めた名店が鶯谷に。甘酸っぱい味覚と妖艶な色づきを存分に満喫させてくれるというので、捜査だ。


「本当に、私がお店の代表でいいんですか? 普通のオバサンですよ」
「その普通感、素人感がいいんです」

鶯谷・人妻デリヘル「柘榴」(03-3876-5010/10時〜LAST/60分9000円〜※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと、通常コースより10分お得な、90分1万2000円もしくは110分1万5000円の特別コースが楽しめる。ただし、女性は選べません。ママさんのおまかせになります)から派遣されてきた川島さんは、穏やかな笑顔に、人柄のよさがあふれていた。スレンダーボディで品のある顔立ちは、若かりし頃、川島なお美似と言われたこともあったという。

「『あれっ?』と困惑されるのが嫌なので、あまり褒めて書かないでください」
「ありのままを紹介しますので」

本物の人妻である川島さん。子育てが一段落し、事務職に復職しようとしたところが、コロナで困難に。今後の教育費が不安で、悩み抜いた末、風俗のお仕事へ。

「抵抗はありましたけど、割り切ったら、出会いが楽しく、続いています」

初体験は19歳。2人目の相手が旦那さんだったそうだ。ということは、生涯2人だけ?

「私の中では、浮気という感覚はないんですが‥‥仕事の延長で、上司とご飯を食べ、お酒を飲みに行ったら、たまたまホテルに入っちゃうことありました」

それを浮気と言うのだが‥‥。

「でも1人、1回だけです。主人が淡泊なので、『この人、どんなふうにするのかな』って、興味を持っちゃうんですよね」

旦那さんと最後にしたのはコロナ前。そのことも、風俗で働いてみたいという思いを抱かせた。

「主人は、セックスよりお酒が大好きで‥‥もう勃たないみたいで」
「それは大変だ。せっかくの取材、シてもらいたいこと、ありますか?」
「‥‥変わった、クンニ」

恥じらいながらカメラの前で服を脱ぐ川島さん。大人のオンナの色香が漂い、まさに円熟した優雅さ。全裸になると、丁寧に服を脱がせてくれる。

「パンツも取りますよ‥‥あっ、オ〇ンチン、ちょっと大きくなっていますね」

じっと見つめている。

「もしかして、旦那さんのと比べている?」
「いえ、そっち、もう覚えてないですから」

浴室でカラダを洗ってもらった後、一緒にお風呂へ。

川島さんは、後ろを向くと、背中を押しつけ、両手を乳房に導いた。

「私、基本、全身が感じるんですけど、お風呂の中で、おっぱい揉まれたり、乳首イジられると、いつもより感じちゃう‥‥」
「‥‥あらっ、もう乳首がコリコリしてきた」
「気持ちいい~。あっ、当たってきた‥‥お風呂の中で、硬くなったのが、お尻に当たる感触、大好き〜」
「濡れてきた?」
「はい。でも、お湯の中だと、わかりにくいかも」

すると、自ら立ち上がり、目の前にお尻を突き出してくれる。確かに、人妻らしいたっぷりした肉ビラの奥でピンクの襞が妖しく輝いていた。キレイに処理されたヘアは、このお仕事を始めてから、自分で処理しているのだという。

「だから主人には、見られたことないんです‥‥このほうが、舐めやすいから」

つまり、早くクンニしろということ。なので、石鹼の匂いが漂う赤みを帯びたクリに口を被せた。変わったクンニとはこれか。

「あっ、感じる~。このお仕事するまで、こんな格好で、クンニされたことなかったんです‥‥」
「吸われるのと、転がされるの、どっちが好き?」
「舌で押し潰されるようなのが‥‥そう、気持ちよくて、顔の上に乗っちゃいます‥‥苦しくないですか? でも、こういうのを覚えちゃったので‥‥」

たっぷり楽しんでもらうと、お返しに潜望鏡フェラが始まった。

「お風呂のフェラって、濡れているから、案外しやすいんです」

こちらの店は、プレイ料金が格安だけでなく、バイブ、電マ、おしっこ、オナニー鑑賞など無料オプションも豊富。おしっこは、浴室でお願いされることが多いのだという。

「出るかどうか、わかりませんが、やってみます」
「無理しなくても」
「いえ、お店の代表ですから」

すると、タイルに腰を落とし、神妙な顔を浮かべる。すぐには出ないらしく、今度は浴槽の縁に座り、大きく太ももを開いた。最後は、片足だけ縁に乗せ、チカラを込める。犬のオシッコポーズだ。

「これ、愛犬家たちからリクエストされたりもするの?」
「おしっこがよくかかるので人気ですけど、そこまでは」
「次に来た時、おしっこかけたところの匂い嗅がせたがる方とか、いないの?」
「1人だけいました。なので『ここ、私の匂いがします』と言ったら、とても喜ばれて」

素敵な奥様だ。

ベッドに入ると、積極的に責めてきた。乳首を貪り、内ももの敏感な部分を滑らかに責め立てる。

「これ、旦那さんにしたら、ビックリするでしょう?」
「責めは、ほとんどやったことないので‥‥あっ、タマタマも感じる方なんですね、私、そこ大好きです」

柔らかで執拗なタマ舐めから、濃厚なフェラ。

責めに転じ、円熟ボディの敏感さを楽しませてもらったあと、無料オプションのバイブ&オナニー鑑賞。

「私、自分でスるようになったのって、子供が小学校に入り、自宅に誰もいなくなった30歳を過ぎてからなんです」
「30過ぎからのオナニー、ぜひ拝見させてください」
「でも器具、使ったことなくて‥‥あっ、硬い‥‥これいい。すごくいい‥‥」

かき回した後、よつんばいになり、リズミカルな出し入れを見せつける。

「近くで見られると、興奮して、バイブが出てきちゃう‥‥もう、イキそう‥‥でも、これ、お店の人も読むんですよね」
「たぶん、読まないです(笑)」
「だったら‥‥あっ、もうイッちゃう‥‥」
「どこが気持ちいいの?」
「マ〇コとクリちゃん‥‥ああ~っ、イク、イク~」

エクスタシーの余韻に酔いしれる川島さん。なんとかカラダを起こすと、奉仕を再開してくれた。

「オ〇ンコいじるの、横からがいいですか? それとも69?」

69の体勢で互いを愛撫。中指を濡れただれた肉の洞に飲み込ませ、円熟感を楽しんでいると、貪欲フェラのスピードが増した。たまらずフィニッシュすると、ホッとしたのか、重なり合ったまま身動きしない。部屋の中には熟女特有の愛液臭が漂っている。

「こんなに乱れても、普通に旦那さんと夕食を?」
「このお仕事で大切なのは、家族団らんの夕食と、下着を派手にしないことなんです」

その配慮を知ると、人妻遊びにコクが出てくる。


○チェックポイント
気取らない、本物の人妻の優しさといやらしさに感動するあまり、その素顔をありのままに紹介させていただいた。旦那さんが淡泊だと、お仕事と本気度との境目が、ついついあやふやになってしまうらしい。美熟女との濃厚なプレイを心ゆくまで楽しめた、素敵な体験であった。

川島(46)T157、B85(C)・W60・H89
心優しく気遣い抜群なスレンダー美熟女。新たな人生のステップでエッチなことに興味津々に。未知の快感との出会いが楽しみだという。


特選風活プラン

90 12,000

「ママのおまかせでお得になります!」
迷った時こそママのおまかせ!
(女性は選べません)

80分12000円→10分サービス!!
100分15000円→10分サービス!!

*営業日には必ず有る割引サービスです‼
 是非ご利用下さいませ♪

当店の風活プランアピールポイント!!
柘榴(ざくろ)

柘榴(ざくろ) (鶯谷近郊エリア)