さよ

正真正銘の熟女ファンから熱い支持を受け、現在関東に9店舗を構える人妻デリヘル「かわいい熟女&おいしい人妻」。今回紹介する町田店にも、ファン垂涎の美熟女が勢ぞろいだ。 在籍しているのは30代から60代のおよそ40人。スレンダー系から巨乳系など、年齢だけでなくスタイルもさまざまだが、どの女性も間違いなくドス…»続きを読む

町田・人妻デリヘル「かわいい熟女&おいしい人妻 町田店」 スレンダー系から巨乳系の間違いないドスケ…

去る4月30日に80年の生涯に幕を閉じた作家・渡辺淳一氏。彼の描く官能的でロマンチックな男女の性愛物語はたびたび映像化されているが、代表作といえば役所広司と黒木瞳(53)が不倫カップルを演じた「失楽園」(97年、東映)だろう。同作品では黒木が大胆に脱ぎ、美しい乳房を見せつける濃厚カラミが見られるが、今回は意…»続きを読む

「アナ雪」よりオヤジが“欲情レリゴー”する「女優シネマSEX」100大遺産(5)追悼!「原作・渡辺淳一」篇

 重量級の乳房を揉みしだきながら、トワを演じる真木の呼吸が荒くなる。バックに流れるマーラーの交響曲5番が激しくなり、アクメの瞬間へと導いているかのようだ。 「それまでの真木は、美人だし演技力もあるけど、華がなくて客を呼べない女優と思われていた。だから『ベロニカ』では、勝負を賭けてきた。あれだけのプ…»続きを読む

真木よう子 バストも露な自慰行為が話題になったあの映画を再検証(3)

 真木が演じたのは、国立図書館に勤めるトワという女性。ピアニストになる夢が破れ、退屈な日常に絶望して睡眠薬で自殺を図る。  幸いに一命は取り留めたが、運び込まれた奇妙な精神病院(サナトリウム)が映画の舞台。院長からは「7日間の命」と宣告され、患者たちとの交流で“生きる意味”を取り戻してい…»続きを読む

真木よう子 バストも露な自慰行為が話題になったあの映画を再検証(2)

 今、最もエロチシズムを感じさせる女優は真木よう子だろう。いや、妖艶なだけでなく、日本アカデミー賞でダブル女優賞に輝き、名実ともに頂点に立った。そんな真木の原点であり、最大級の衝撃を残した幻の傑作を、ここに再検証してみたい。  あの大竹しのぶ以来である。3月7日に行われた「第37回・日本アカデミー賞…»続きを読む

真木よう子 バストも露な自慰行為が話題になったあの映画を再検証(1)

 それにしても、実際に濃厚濡れ場を目の当たりにすると、あらためて真木の存在あっての「さよなら渓谷」と思わざるをえないが、真木を起用した経緯について大森監督が言う。「初めて意識したのは、昨年にオンエアされ、弟(大森南朋)も共演していたドラマ『運命の人』(TBS系)を観た時です。彼女の一つ一つの演技に魅力…»続きを読む

真木よう子「揺れっぱなし対面座位」(3)表情だけで心境を表現できる演技力

 当代人気アラサー女優の中で、断トツの濃厚フェロモンを放つ真木よう子が、7年ぶり新作主演映画でその“艶技力”を見せつけた。G軟乳をこれでもかと揺らし、腰を振る官能シーンはまさに圧巻。画像、描写、関係者証言で、どこよりも詳しく「先行上映」する! うだるような暑さの真夏の白昼。 深緑の渓谷を望む寂れた市営…»続きを読む

真木よう子「揺れっぱなし対面座位」(1)濃厚全裸濡れ場を大胆かつ官能的に演じた

「さよなら渓谷」の試写を見た映画批評家の前田有一氏が真木の演技について言う。「冒頭、いきなり濃密なカラミで横乳、お尻の割れ目まで見せ、『この映画はどこまでやるのか』と、引き込まれる。ここまで観客をつかむ濡れ場を演じる女優は最近ではきわめて稀有です。 7年前の映画『ベロニカは死ぬことにした』でのオナニ…»続きを読む

真木よう子「揺れっぱなし対面座位」(2)矢も盾もたまらず、みずからパンティを脱ぎ…